子どもとスマホ

中学生のスマホの端末はどうする?

中学生にスマホを持たせよう。と思ったときに、端末はどうしよう・・・。という悩みも出てきますね。

中学生でもiPhoneを使っている子は多いようです。でも、最新のiPhoneってAndroidの端末よりも値段も高いんです。

それほど高価なものを子どもに持たせる必要ってあるのでしょうか?

中学生のスマホの端末のおすすめの選び方などを紹介します。

中学生にお勧めのスマホ(端末)は?

中学生ってしっかりしているようですが、まだまだ子どもですよね。

ある程度自分の意志で決めて動いてほしいけど、子ども任せにしていると大変なことになってしまう場合もあります。

はなえ
まだまだ親の手が必要な時です。

思春期に入り難しい年ごろではありますが、特にスマホに関してはスマホ中毒・使いすぎの他、詐欺や犯罪などに巻き込まれてしまう可能性があるため安易に渡すことはお勧めができません。

いちろう(長男)
でも、スマホは欲しい!
はなえ
親も子どもがスマホを持っていた方が便利だし、親が管理しやすいスマホ(端末)を選ぶようにしましょう。

中学生におすすめのスマホ端末

  • 保護者がiPhoneユーザーならiPhone又はAndroidがおすすめ
  • 保護者がAndroidならAndroidがおすすめ

保護者が使っているスマホによってお勧めの端末が異なります。

iPhoneとAndroidの違いはこちら

Android(アンドロイド)とiPhone(アイフォン)の違い。何が違うの?

新しいiPhone(アイフォン)が販売されるたび、テレビなどで大きく放送されアップルストアには発売開始日の何日も前から並ぶ人が出たりと、スゴイ人気ですよね。 でも、世の中にあるスマホはiPhoneだけ ...

続きを見る

いちろう(長男)
なぜ保護者の使っているスマホによって子ども用のおすすめスマホが違ってくるの?
はなえ
それは時間や機能の制限を保護者の端末から遠隔で設定ができるかどうかにポイントを置いているの!!

中学生くらいになると、自分の持ち物を触られるのはイヤ。

特にスマホは親に見られたくない情報もぎっしりです。

はなえ
そうなると設定を変更するのはかなり至難の業!

だから、当サイトでは中学生におススメのスマホの機種は親が設定を遠隔操作ができるかできないかにポイントを置いています。

 

フィルタリングアプリでできることを確認

子どもが使うスマホやパソコンにはフィルタリングを設定することが義務付けられています。

フィルタリングとは有害なWEBサイトをブロックすることですが、フィルタリングアプリは時間制限などの機能制限も行うことができます。

i-フィルターは子どもが使う端末であらかじめ設定をしておけば、親の端末やPCから設定変更が遠隔でできます。

 

気を付けてもらいたいことはAndroidとiPhoneはできることが違うということです。

ここでは、フィルタリングアプリとして一番使われている『i-フィルター』の機能を確認してみます。

はなえ
特に気を付けてもらいたい機能はピンク色になっています。
iOS端末
i-フィルター
for iOS
Android端末
i-フィルター
for Android
見守り機能 リモート管理
ブロック解除申請
利用時間制限 専用ブラウザー 端末ロック
専用ブラウザー
一時的な解除 -
位置情報確認 -
ブロックサイト履歴
アクセスカテゴリの割合統計
検索単語ランキング
書き込み回数ランキング -
無効化通知メール
利用状況の電子メール通知
WEBフィルター WEBフィルタリング機能 専用ブラウザー 専用ブラウザー
複数利用者対応 1人 1人
年齢別の推奨設定 「ファミリー」「小学生」「中学生」「高校生」
「大人」「フィルターOFF」から選択
見せて良いサイトの登録
見せたくないサイトの登録
ホワイトリスト機能
書き込みブロック -
購入ページブロック
アプリフィルター アプリケーション制御機能 - カテゴリ毎
アプリ毎
アプリ警告機能 -

同じi-フィルターでもiPhoneで使うのか、Androidで使うのかで機能が異なってしまいます。

特に、位置情報の共有やアプリケーション制御機能(インストールの制限や利用の許可など)がiPhone版のi-フィルターでは使えません。

はなえ
利用時間制限が専用ブラウザーになっていることにも注意

iPhone版のi-フィルターでできる時間制限は専用のWEBブラウザーのみです。アプリの時間制限はできないのです。

Android版のi-フィルターではフィルタリング・時間制限・インストール制限・居場所の確認などがすべてできますが、iPhone版のi-フィルターでは一部機能が使えないため、iPhoneの「スクリーンタイム」機能と組み合わせて使うことになります。

スクリーンタイムはiOS12.0からの新機能です。iOS12.0がインストールできない端末では利用ができません。

 

中学生のスマホ iPhoneがおすすめしたいのは保護者もiPhoneユーザー

中学生のスマホの端末でiPhoneがおすすめなのは、保護者もiPhoneを使っている場合です。

いちろう(長男)
子どもに人気のiPhone。保護者がiPhoneなら機能のコントロールもしやすいよ!

ココがおすすめ

ファミリー共有とスクリーンタイム機能で子どもの端末のアプリのインストール制限や使用時間の制限ができます。

Appleのファミリー共有という機能とスクリーンタイムという機能を組み合わせて使うことで保護者の端末から子どものスクリーンタイムを設定することができます。

子供のiPhoneの使用制限(時間制限)はスクリーンタイム機能&iCloudファミリー共有

iPhoneやiPadなどにアップル社の製品に入っている「iOS」。 2018年9月にアップデートがあり、iOS12に更新ができるようになりました。 iOS12にすることで「スクリーンタイム機能」が利 ...

続きを見る

保護者がAndroidで子どものがiPhoneの場合、子どもの端末を操作すればスクリーンタイム機能を使って制限をすることはできます。

でも、中学生の子どものスマホを直接操作するのってなかなか大変です。

保護者がiPhoneユーザーであれば、子どものiPhoneを遠隔で操作ができるので扱いがしやすいです。

  • iPhoneの基本機能であるスクリーンタイムを使えば時間の制限やインストール制限ができます。
  • iPhoneの基本機能ではWEBサイトのフィルタリングは難しくなります。別途フィルタリングアプリが必要です。

iPhoneではiPhoneの基本機能であるスクリーンタイムを使うことで時間制限やインストール制限をすることができます。

iPhoneには一応年齢設定がありますが、十分なフィルタリングといえないため有害サイトのブロックという点では心配な部分もあります。

そのため、別途フィルタリングアプリを使用してください。

はなえ
iPhone版のフィルタリングアプリでは時間制限やインストール制限ができないので、スクリーンタイム機能とフィルタリングアプリを併用してくださいね。

WEBサイトのフィルタリングはiPhoneの設定だけでは不十分。フィルタリングアプリの導入も必要です。

 

もし、保護者がAndroidなのに子どものスマホをiPhoneにしたら

保護者がAndroidで子どもがiPhoneの場合必要な作業

  • スクリーンタイム機能で時間・インストール制限をする(子どもの端末操作)
  • WEBサイトのフィルタリング(親の端末から設定可能)

iPhone版のフィルタリングアプリでは使用時間の制限などを設定することができません。

そのため、スクリーンタイム機能を使うことになります。保護者がiPhoneであればファミリー共有と組み合わせることにより遠隔で設定をすることができますが、保護者がAndroidの場合は子どもの端末を操作して設定を変更することになります。

じろう(次男)
設定変更するからスマホ貸しなさい。って言われても渡したくないし!!

設定のために中学生のスマホを触るのは難しい場合が多いので、遠隔操作ができないという理由から保護者がAndroidの場合は子どものスマホはiPhoneはおすすめしません。

 

中学生のiPhoneどこで買う?

ドコモやauなどのキャリアの場合はiPhoneの最新機種をケータイショップで購入をすることができますが、MVNO(格安SIM)の場合はiPhoneの取り扱いがあっても最新のものではありません。

格安SIM+iPhoneを検討する場合、AppleSotreなどでSIMフリーのiPhoneを購入します。(AppleStoreのオンラインショップで購入ができるのはSIMフリーiPhoneです。)

また、最新にこだわらなければiPhoneを販売しているMVNOもあります。

iPhoneが買える格安SIM(2021年5月16日現在)

格安SIM 機種名 本体価格(税込み)
mineo iPhone8 64GB(中古) 32,736円
iPhone11 256GB 91,080円
iPhone11 128GB 78,936円
iPhone11 64GB 73,392円
iPhoneSE(第2世代)256GB 69,168円
iPhoneSE(第2世代)128GB 57,024円
iPhoneSE(第2世代)64GB 51,480円
iPhoneXR 128GB 76,824円
iPhoneXR 64GB 71,280円
iPhoneXS 256GB 122,232円
J:COM モバイル iPhoneSE(第2世代)64GB 55,440円
iPhoneSE(第2世代)128GB 63,360円
iPhoneSE(第2世代)256GB 75,240円
iPhone7 128GB 47,520円
OCNモバイルone iPhone12 64GB 93,390円
iPhone12 128GB 98,890円
iPhone12 256GB 110,990円
iPhone12 mini 64GB 81,290円
iPhone12 mini 128GB 86,790円
iPhone12 mini 256GB 98,890円
iPhone11Pro MAX 64GB 128,590円
iPhone11Pro MAX 256GB 146,190円
iPhone11Pro MAX 512GB 169,290円
iPhone11Pro 64GB 114,290円
iPhone11Pro 256GB 132,990円
iPhone11Pro 512GB 157,190円
iPhone11 64GB 69,190円
iPhone11 128GB 74,690円
iPhone11 256GB 97,790円
iPhoneSE(第2世代)64GB 48,070円(品切れ中)
iPhoneSE 128GB 53,460円
iPhoneSE 256GB 65,670円
中古iPhone 17,710円~
LIBMO iPhoneSE(第2世代)64GB 48,840円
BIGLOBE モバイル iPhoneSE(第2世代)64GB 50,820円(分割払い総額)
iPhoneSE(第2世代)128GB 56,496円(分割払い総額)
IIJ mio iPhone8 64GB(中古) 25,300円
iPhoneSE(第2世代) 64GB(未使用品) 43,780円
iiPhone12mini 64GB(未使用品) 82,280円
iPhone12 64GB(未使用品) 92,950円

保護者の古いiPhoneがあるなら、それを子ども用のスマホすることもおすすめです。

iPhone 初期化の方法

 

中学生のスマホ Androidは保護者の端末がiPhoneでもAndroidでもOK!

中学生の子どものスマホとしてAndroidを用意する場合、保護者の端末がiPhoneの場合でもAndroidの場合でもフィルタリングアプリで遠隔操作ができます。

保護者はi-フィルターの専用ページで子どもの端末の設定を変更することができます。

fil

LINEMOのフィルタリングサービス「ファミリーリンク」や「あんしんフィルター」でできることは?

2021年3月17日にサービスが開始したソフトバンクの新ブランド「LINEMO」は、「20GB+LINEギガフリー」というシンプルな料金プランで、子どもに持たせるスマホとしてとてもおすすめです。 その ...

続きを見る

はなえ
SIMとセット販売されている端末はAndroid端末が多いので、利用したい格安SIMで購入できる端末を選ぶと設定などがとても楽ですよ。

 

中学生のスマホは遠隔操作で設定ができるものを!

中学生のスマホの端末の選び方のポイントをご紹介しました。

個人差はありますが、中学生って何かと難しい時期でありスマホのトラブルや害も受けやすい年齢でもあります。

ある程度は見守りつつ、保護者側で制限などの設定が変更できるものでなければ後々困ったことになる恐れもあります。

Android、iPhoneどちらを使う場合もフィルタリングアプリは必要になりますので、MVNO選びの時はフィルタリングアプリの料金も確認をしおきましょう。

 

家族のスマホ代を安く

サポートが充実!初めての格安SIMでも安心のマイネオ

mineo(マイネオ)

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心!!

格安SIMに乗り換えたいけど、わからないことが多くて心配。という方には特におすすめ。
丁寧な設定ガイド、様々なサポートがあるので安心して使えます。

家族割・複数回線割などもあり家族で使う格安SIMとしてもおすすめ。

月額料金1,078円~、「U26学割」がおススメのJ:COM MOBILE

月額料金1,078円~使えるJ:COM MOBILEは「U26学割」がおススメです。

家族に26歳以下の利用者がいれば、家族全員が割引の適応を受けることができるため、更にお安く利用可能です。

お子様が安全に利用可能な「あんしんフィルター for J:COM」は小学生、中学生、高校生、高校生プラスの4段階でフィルタリングの強度を変更でき、成長度に合わせた利用が可能です。

月額料金770円~リーズナブルな格安SIM

1,3,6,10GBと利用量に合わせて選択可能!

2021年4月から新料金プランになり、さらに月額が安くなっています。

格安スマホも1万円代の端末が多くありセット購入が魅力です。

-子どもとスマホ

© 2021 子どもスマホの選び方。安くて安全格安SIM|家族のスマホ代を安くする Powered by AFFINGER5