子どものスマホ代に困ってませんか?3人の子育て中の主婦が格安SIMを使ったスマホ代を安くする方法を解説します!

子どもスマホの選び方。安くて安全格安SIM|家族のスマホ代を安くする

MVNO

中古iPhoneが買える格安SIMはココ!LIBMO(リブモ)詳細・口コミを確認

子どものスマホは格安SIMを使えば月々の支払はとても安くなります。

はなえ
でも、端末を買うのが結構高いんだよね~。

子どものスマホデビューを考えた時、月々の料金も気になりますが端末の値段もかなりの高額です。

子どもだけでなく大人にも人気の「iPhone」を子どものスマホに検討をしている。格安SIMを使うつもりだ。という方にお勧めなのが中古のiPhoneを購入することができるLIBMO(リブモ)です。

はなえ
リブモはケーブルテレビや光回線などを提供するTOKAIコミュニケーションズの格安SIMです。通信速度の速さなどとても満足度の高い格安SIMです。

TOKAIコミュニケーションズの格安SIM LIBMO(リブモ)の詳細や口コミを確認してみましょう。

快適で格安なスマホならリブモ

LIBMO(リブモ)公式サイトへ!

家族で使えば更にお得!

LIBMO(リブモ)の口コミを確認

リブモって初めて聞いた!という方も多いかもしれません。

まだまだ知名度が低い格安SIMなので、口コミなどがとても気になりますね。価格.comの口コミを確認してみました。

遅い時間帯もあるけど問題なし。

格安SIMなので、時間帯によってはかなり速度低下もあった。通常10Mbps程度の速度が出ていました。

立派なマニュアルなどが送付され、ほぼ迷わずに設定できた。

通話も快適。他の格安SIMと遜色なし。

極端に遅くなることもないので、理論値の回線速度を求めている方でなければ不満ない速度で動画も見れます。OCNと比べても遜色ないかと思います。

通話音はしっかり聞こえ、雑音もなく快適。通常の使用において問題はない

誰でもできる簡単設定

iij(メインの回線として3年程使用中)のsimと比較しても、殆ど違いは感じられず、良いと思います。
ただ、たまたまなのか、今朝、動画の速度が遅く感じました。

マニュアルを見て設定する必要があり、少し面倒でしたが、誰でも設定できるレベルです。

LIBMOは通信速度も速く、わかりやすいマニュアルで誰でも設定ができるという評価が多かったです。

利用されている方はとても満足されているようですね。

LIBMO(リブモ)で買える端末 中古SランクのiPhoneが買える

スマホ代を安くするなら、格安SIMがおすすめです。月々500円程度から利用ができるので家計の負担にならないのも魅力ですね。

でも・・・初めてのスマホが格安SIMという場合に迷ってしまうのが「端末の準備」。

最近は多くのMVNO(格安SIMの会社)で格安SIMの契約と端末をセットで購入をすることができ、分割払いにも対応してくれるのでとっても便利になりました。

はなえ
MVNOによって取り扱っている端末が違うので、どんな端末を購入することができるのか?というところも、格安SIM選びのポイントになります。
じろう(次男)
スマホ持つならiPhoneがいい!!

大人だけでなく子どもにもiPhoneは人気です。

だから、AndroidではなくiPhoneを使いたい!という子も多いし、保護者自身がiPhoneを使っているので子どもにもiPhoneを持たせたいと考える方は多いですよね。

はなえ
ただ、大きな問題はiPhoneはとても値段が高いこと!!

少しでも安くiPhoneを用意するには保護者が以前使っていた端末を再利用する。または中古のiPhoneを買うことになります。

はなえ
でも、中古のiPhoneってどこで買ったらいいかわらないし、状態もよくわからないよね。

リブモでは中古iPhoneを購入することができます。

格安SIM 中古iPhone

はなえ
分割払いも利用ができるのは嬉しい!!

 

リサイクルショップなどで中古のiPhoneを購入する場合、動作をするかどうかも心配ですがリブモなら動作確認済みの端末が届くのでその心配は不要です。

入荷時期は不定期、数量は限定となりますの。

もちろん、手持ちのiPhoneを使うこともできます。ドコモで購入をしたiPhone又はSIMフリーの端末以外の場合はSIMロック解除が必要となります。

→ 中古iPhoneの設定を確認する

快適で格安なスマホならリブモ

LIBMO(リブモ)公式サイトへ!

家族で使えば更にお得!

LIBMO(リブモ)のプランや料金を確認

いちろう(長男)
リブモのプランと料金を確認します。

リブモはドコモ回線

リブモはドコモ回線を使った格安SIMです。

ドコモで買った端末ならほとんどの端末がリブモのSIMカードを差し込むだけで使うことができます。

ソフトバンクやauで買った端末の場合はSIMロック解除が必要です。

リブモの通信料金

リブモには3つのタイプのSIMカードが用意されていて、それぞれデータ通信ができる量によって月額料金が異なります。

容量 データ通信SIM SMS付データSIM 音声通話SIM
ライトプラン 480円 620円 580円
3GBプラン 880円 1,020円 980円
6GBプラン 1,480円 1,620円 1580円
10GBプラン 2,280円 2,420円 2380円
20GBプラン 3,980円 4,120円 4080円
30GBプラン 5,880円 5980円

ライトプラン

ライトプランは低速通信(最高速度200Kbps)の通信です。

動画を見る場合などは通信速度が遅すぎてストレスを感じてしまいますがメールやSNSでの文字のやり取り程度なら問題ない場合が多いです。

つながない。遅すぎるのが心配という場合には3GB以上のプランを選びましょう。

 

[st-m

音声通話SIMには割引プランあり

音声通話SIMは「音声サポートプログラム」を使うと最大6ヶ月間、月々600円安くなります。

いちろう(長男)
プランの変更は契約後もできますが、SIMカードの種類の変更は手数料が必要となってしまいます。

快適で格安なスマホならリブモ

LIBMO(リブモ)公式サイトへ!

家族で使えば更にお得!

LIBMO(リブモ)のおすすめポイント 家族で使えば安くなる

リブモは子どものスマホに、家族で持つスマホにうれしいサービスが用意されています。

家族で使える データシェアオプション

リブモ 家族

リブモには最大3台で通信料を分け合えることができる「データシェアオプション」があります。

はなえ
1契約につき3台までSIMカードを利用することができるので、子ども用のスマホとして別途契約をする必要がありません。

6GBプランをシェアした場合、それぞれのSIMに音声通話ができるオプションを入れても3人で3,820円!

3人で6GBも必要ない場合はデータ量の少ないプランにすればもっと安くなります。

また、音声通話が必要なければSMSオプションを付けておけばLINEのアカウント作成などはできますのでもっと安く済ませることも出ます。

  • SIMカード1枚追加につき3000円の手数料が必要です。
  • SIMカード使用料が1枚あたり120円必要です。
  • 音声通話機能をつけると700円、SMSオプションは140円必要です。
  • ライトプランの場合データシェアプランは利用できません。

例えば他の格安SIMのLINEモバイルの場合、1GBのLINEフリープランなら音声通話SIMが月額1,200円です。

いちろう(長男)
3人分だと3,600円。合わせて使えるデータ量が3GBと考えるとリブモの方が安いね!

快適で格安なスマホならリブモ

LIBMO(リブモ)公式サイトへ!

家族で使えば更にお得!

LIBMO(リブモ)のフィルタリングは6台までOK

リブモ フィルタリング

18歳未満の子どものスマホにはフィルタリングを設定することが義務付けられています。

リブモで申し込みができるフィルタリングはTOKAI SAFEというセキュリティソフです。

はなえ
フィルタリングのほか、使える機能を制限や時間設定、居場所の確認をすることもできます。

TOKAI SAFE は1ヶ月400円ですが、なんと最大6台まで使用することができます。

スマホだけではなく、タブレットやパソコンにも使えます。

お子さんが2人以上いる場合でも同じ契約で複数のスマホで利用ができるのは助かりますね。

LIBMO(リブモ)の学生応援プログラムでスマホ代が格安に!

リブモ 子ども

学生応援プログラム」を利用すれば、18歳未満の学生なら月々最大1,000円安くなります。

6GB~20GBのプランが学生応援プログラムの対象ですが、ライトプラン・3GB・30GBプランなら学生応援プランと別に用意されている音声サポートプログラムを利用することができます。

小学生くらいのお子さんならデータシェアオプションを活用をしてもよいのですが、中学生・高校生になるとスマホを外で使う時間も多くなります。

はなえ
Wi-Fiが使えない環境でスマホを使うとデータ量があっという間に減ってしまいます!!

データシェアだと最大3枚のSIMカードで分け合うので、場合によっては一人がたくさん使いすぎてしまう可能性もありますよね。

中学生・高校生以上のスマホとしてリブモを検討しているなら、お子さんそれぞれの別の契約にして学生応援プランを使うことをお勧めします。

じろう(次男)
データ量をめぐって喧嘩したくないよねー。

LIBMOのデメリットは?ここに注意しよう

通信速度も速く評価の高いリブモですが、他の格安SIMと比較をしてデメリットとしてあげられる点がいくつかあります。

リブモは20歳以上でなければ契約できない

リブモは20歳未満の場合、契約をすることができません。

高校を卒業した後の子どもでも自分で契約することができません。(保護者が契約者となり、利用者として子どもを登録することになります。)

譲渡による名義変更ができない。

お子さんがリブモの契約ができる20歳以上になった場合でも、使用しているSIMカードの名義をお子さんの名義に変更することはできません。

結婚や離婚による改姓の時、契約者死亡による相続の時などのみ名義変更ができます。

使えるIP電話用意されていない

音声通話がついていないSIMカードを利用する場合やもう1つ電話番号が欲しい場合にIP電話を使うと便利です。

LINEの無料通話などを活用している場合には090や080から始まる電話番号がほとんど必要がない場合もありますよね。

そのためデータ通信SIMを子どものスマホとして使用されることもあるのですが、LINEの無料通話は固定電話や携帯電話の番号へは発信ができないのでIP電話を使えるようにしておく方も多いです。

リブモでは残念ながらIP電話サービスが用意されていないので、IP電話を使う場合には他のサービスを探して利用することになります。

050から始まる電話のこと知ってる?IP電話ってなんだろ?おすすめIP電話アプリ

一般的な携帯電話の番号って090や080から始まりますよね。 でも、たま~に050から始まる電話番号を見かけることはありませんか? 050から始まる電話番号はIP電話の電話番号です。 IP電話を使えば ...

続きを見る

データ通信速度の切り替えができない

リブモではライトプランを除いて高速通信ができます。

契約時に選ぶ3GB、6GBといったプランは高速通信ができるデータ量のことです。

じろう(次男)
低速通信は制限なく利用することができます。

高速通信のデータ量から使っていき、なくなったら低速通信に切り替わります。

他の格安SIMの場合、メールやメッセージのやり取りなどのデータ量の少ない通信の場合は低速通信に切り替えてデータ量を節約する設定があるのですが、リブモにはその機能がありません。

1年以内の解約で違約金が必要

リブモの音声通話SIMは1年以内に解約をすると9,800円の違約金が必要です。

LIBMO(リブモ)とはどんな格安SIM?店舗情報も確認

リブモを運営するTOKAIコミュニケーションズは主に東海地方でケーブルテレビや光回線を提供している会社で、静岡の方にはおなじみの会社です。

リブモは全国どこからでも申し込みができますが、ネットではなく店頭での申し込みがしたい場合には店舗でも契約などができるようになっています。

リブモ店舗

  • TOKAIモバイルショップ 静岡中吉田店
  • TOKAIモバイルショップ 唐瀬街道店
  • iCracked Store 藤枝くりっぴープラザ
  • iCracked Store 静岡マルイ
  • TOKAIモバイルショップ 袋井田町店
  • TOKAIモバイルショップ 磐田駅南店
  • TOKAIモバイルショップ 浜松名塚店
  • TOKAIモバイルショップ 富士瓜島町店
  • TOKAIモバイルショップ 沼津店
  • TOKAIモバイルショップ 沼津大岡店

はなえ
店舗は静岡店内のみ。
いちろう(長男)
店頭での対応がないと心配な場合は、近くに店舗がない限りおすすめできないね。
はなえ
ネットを使ったチャット相談、電話によるサポートも充実しているので店頭での対応をしてもらえない。という心配はそれほど必要ないのではないかな?と思います。

TOKAIグループのポイントサービス「TLCポイント」もたまります。 東海地方にお住まいの方は特におすすめです!

格安SIMリブモ まとめ

他の格安SIMに比べて知名度の低いリブモですが、利用者からはとても評価が高い格安SIMです。

通信速度も安定していて、月々の料金も安く家族で使いやすい格安SIMです。

今回ご紹介をしていないオプションも料金など分かりやすいので、初めての格安SIMとしてもおすすめです。

快適で格安なスマホならリブモ

LIBMO(リブモ)公式サイトへ!

家族で使えば更にお得!

家族のスマホ代を安く

フィルタリングアプリが無料で使えるLINEモバイル

LINEモバイルの「LINEフリープラン」は月々500円から利用できるデータSIMです。

子どもに持たせつスマホに必須のフィルタリングアプリが無料で使えるのも大きな魅力です。

またLINEを使っている時はデータ通信量が減りません。

サポートが充実!初めての格安SIMでも安心のマイネオ

mineo(マイネオ)

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心!!

格安SIMに乗り換えたいけど、わからないことが多くて心配。という方には特におすすめ。
丁寧な設定ガイド、様々なサポートがあるので安心して使えます。

家族割・複数回線割などもあり家族で使う格安SIMとしてもおすすめ。

端末も安い!家族で持つならのに特におすすめOCNモバイルone

NTTコミュニケーションズの格安SIM。容量シェアプランを使えば1つの契約で5枚までSIMカードが使えます。

無料で使えるWi-Fiもあるから外出時もサクサク。

端末も他の格安SIMよりかなり安く購入できます。

-MVNO

Copyright© 子どもスマホの選び方。安くて安全格安SIM|家族のスマホ代を安くする , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.