子どものスマホ代に困ってませんか?3人の子育て中の主婦が格安SIMを使ったスマホ代を安くする方法を解説します!

家族のスマホ代を安くする|子どものスマホ代は安くなる!

子どもとスマホ

子供のiPhoneの使用制限(時間制限)はスクリーンタイム機能&iCloudファミリー共有

投稿日:

iPhoneやiPadなどにアップル社の製品に入っている「iOS」。

2018年9月にアップデートがあり、iOS12に更新ができるようになりました。

iOS12にすることで「スクリーンタイム機能」が利用できるようになりました。

「スクリーンタイム機能」をiCloudファミリーを使えば、今までiPhoneではできなかった遠隔操作による子どものスマホの利用制限ができるのです!

りょうこママ
子どものスマホとしてiPhoneを用意する場合には絶対に設定をしてもらいたい設定です。

スクリーンタイム機能とiCloudファミリーについて確認をしていきましょう!

スポンサーリンク




iPhoneのスクリーンタイム機能とは?

iPhoneなどアップル社の製品に入っている基本ソフトをiOSといいます。

2018年9月に行われたiOSのアップデートにより端末の使い過ぎを防ぐ「スクリーンタイム機能」という機能が追加されました。

iPhoneの使い過ぎを防ぐための設定のほか、iPhoneをどのくらい使ったか、持ち上げたかなども確認ができるようになっています。

りょうこママ
自分がスマホを使った時間が確認できるので、ハッとすることも!!
スマホの使い方を見直すことができる機能がiPhoneにも追加されたんだね!
いちろう(長男)

iPhoneのスクリーンタイム機能でできること

iPhoneなどに入るiOSのスクリーンタイム機能でできるとを確認しておきましょう。

  • 休止時間(時間を見ない時間帯の設定)
  • App使用時間の制限(Appの使用時間を制限)
  • 常に許可するAppの設定
  • コンテンツとプライバシーの制限

休止時間

画面を見ないようにする休憩時間。休止時間を指定した場合は電話や許可したApp以外は使えなくなります。

App使用時間の制限

アプリのカテゴリにより使用時間の制限を設けることができます。

仕事中は仕事効率化のみ使えるように、勉強中は読書と調べものが使えるように、またそれを何時間使うのかというような設定ができます。

勉強中はゲームが使えないようにすると誘惑に負けないかも!
いちろう(長男)

常に許可するAppの設定

休止時間中でも常に使えるようにしておきたいアプリを設定できます。

電話、メッセージ、FaceTime、マップはデフォルトで常に許可に設定されています。

コンテンツとプライバシーの制限

不適切なコンテンツを阻止したり、購入しやダウンロードを禁止したりすることがきます。

 

子どもにiPhoneを持たせるなら設定すべきファミリー共有

iPhoneなどiOSにはファミリー共有という機能があります。

ファミリー共有はiPhoneを利用するために必要なAppleIDを家族として関連付けておくことで、居場所がわかったり購入した音楽などを共有することができるようになります。

ポイント

AppleIDは13歳以上しか作ることができませんが、ファミリー共有を利用すれば13歳未満の子どものAppleIDを作ることができます。

りょうこママ

13歳以上ならファミリー共有を設定しなくてAppleIDが作れますが、ファミリー共有を設定してしておきましょう!

→ ファミリー共有の設定方法はApple公式サイトで確認

子どもの居場所がすぐわかる!Android&iPhone 子ども持たせるなら知っておきたい機能

子どもにスマホを持たせるメリットとして「連絡が取りやすい」というはかなり大きいですよね! が、しかし・・・ 実際に持たせてみると、電話をしても出ない。LINEでメッセージを送っても既読にならない・・。 ...

続きを見る

【子どものスマホ】アプリをインストールを制限するには?持たせる前に設定を!

子どもにスマートフォンを持たせる前には、ある程度制限をかけておくことをお勧めします。 子どもの方がよく分かるし、子どものスマホだし・・・。と思い、そのまま渡してしまうと、有害な情報に会ってしまう可能性 ...

続きを見る

スクリーンタイム機能とファミリー共有で子どものスマホの使い過ぎを防ぐ!

2018年9月のiOSアップロードで追加された「スクリーンタイム」機能はファミリー共有をしていれば、ファミリー共有の管理者であれば他の端末の遠隔操作ができます。

りょうこママ
今まで、外部アプリなどを使うなどしなければいけなかったiPhoneの使用時間の制限がしやすくなったのです!!

 

【設定】→ 【スクリーンタイム】を開きます。

画面下にファミリーとして登録されているユーザーが表示されるので、設定したいユーザーをタップ。

スクリーンタイムの各設定を行った後はパスコードも設定をしておきましょう。

りょうこママ
時間延長などを許可するときなどにパスコードが必要になります。

注意ポイント

パスコードを忘れると設定解除や変更などができなくなってしまいます。初期化などが必要になってくるので忘れないように注意しましょう。

スポンサーリンク




スクリーンタイム&ファミリー共有設定の注意点

子どもに持たせるiPhoneにはスクリーンタイム機能とファミリー共有の設定をしておくべきことはここまででみなさんお分かりいただけたと思います。

念のために注意点を2つ確認しておきましょう。

 

1つめはスクリーンタイム機能をファミリー共有を使って設定するには、保護者もiPhoneやiPadなどのユーザーである必要があります。

もし、保護者がAndroidユーザーの場合は難しくなります。

 

2つ目は古いiPhoneやiPadを利用する場合には、スクリーンタイム機能を持ったiOS対象機種でなければiOSをアップデートすることができませんので確認が必要です。

→ Apple公式サイトでiOS12対応機種を調べる

子どもにiPhoneを持たせるなら、スクリーンタイム&ファミリー共有を!

子どものスマホの使用時間に頭を悩ませているご家庭も多いようです。

自分自身で切り替えて使えるのが一番良いのですが、それが難しい場合は保護者が制限をかけなければいけないケースは多くあります。

 

今までiPhoneは時間制限などをすることが難しかったのですが、スクリーンタイム機能の登場により可能になりました。

りょうこママ
ファミリー共有でスクリーンタイム機能の遠隔操作ができるのも大きな改善点の1つです!

 

お子さんにiPhoneを持たせるなら、保護者もiPhoneやiPadを利用してスクリーンタイム&ファミリー共有で安全にスマホが利用できるように見守ることをお勧めします。




家族のスマホ代を安く

家族のスマホ代を安くするならマイネオ

子どものスマホ代に頭を悩ませていませんか?

子どものスマホ代もマイネオを使えば安くなります。家族で乗り換えれば更にお得に!もちろんiPhoneだって安くなります。

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心です!

フィルタリングアプリが無料で使えるLINEモバイル

LINEモバイルの「LINEフリープラン」は月々500円から利用できるデータSIMです。

子どもに持たせつスマホに必須のフィルタリングアプリが無料で使えるのも大きな魅力です。

またLINEを使っている時はデータ通信量が減りません。

子どもに手軽に安く、安心して持たせられるのはLINEモバイルです!

-子どもとスマホ

Copyright© 家族のスマホ代を安くする|子どものスマホ代は安くなる! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.