子どものスマホ代に困ってませんか?3人の子育て中の主婦が格安SIMを使ったスマホ代を安くする方法を解説します!

子どもスマホの選び方。安くて安全格安SIM|家族のスマホ代を安くする

子どもとスマホ

【子どものスマホ】アプリをインストールを制限するには?持たせる前に設定を!

子どもにスマートフォンを持たせる前には、ある程度制限をかけておくことをお勧めします。

子どもの方がよく分かるし、子どものスマホだし・・・。と思い、そのまま渡してしまうと、有害な情報に会ってしまう可能性が大きいだけでなく、次から次へと色々なゲームなどで遊び時間を忘れてスマホばっかりいじっている。ということにもなりかねません。

自分で判断し、区切りをつけて利用ができるのが一番の理想ですが、場合によっては保護者が強制する必要も出てきます。

子どもに持たせるスマートフォンにしておきたい設定はいろいろありますが、ここでは「アプリのインストール制限」についての設定を紹介します。

りょうこママ
次から次へと無料のゲームを入れて遊んだり、子ども向けではないアプリ、お金がかかるアプリなどが自由に入れられる状態だとトラブルになる可能性が大きいです。

子どもにスマートフォンを持たせる時には、購入後子供に渡す前に全て設定は保護者がしておくことをお勧めします。

無料でできるインストール制限

アプリのインストール制限の方法はAndroidとiPhoneで違います。

iPhone、iPadなどのApple社の製品の場合はOSにインストール制限の機能があるためそこで設定を行います。

Androidの場合はOS自体にインストール制限の機能がないため、アプリを使った設定を行います。

OSって何?という方はコチラの記事がおススメ

Android(アンドロイド)とiPhone(アイフォン)の違い。何が違うの?

新しいiPhone(アイフォン)が販売されるたび、テレビなどで大きく放送されアップルストアには発売開始日の何日も前から並ぶ人が出たりと、スゴイ人気ですよね。 でも、世の中にあるスマホはiPhoneだけ ...

iPhone 無料できるインストール制限

iPhoneなどのApple社の製品でアプリをインストールする場合はAppStoreを使います。

AppStoreの利用に制限をかけることでアプリのインストールだけでなくAppStore内での課金を防ぐこともできます。

りょうこママ
ゲームでの課金を制限するためにもインストール制限は必要です。

iPhoneでインストール制限をする場合には「スクリーンタイム」機能を使います。

りょうこママ
iPhoneでのインストール制限は子どもだけiPhoneを使っているのか?子どもも親もiPhoneを使っているのか?で設定方法が異なります。

子どもだけがiPhoneを使っている場合のインストール制限

インストール制限をするには【スクリーンタイム】を使います。

りょうこママ
スクリーンタイム機能が有効になっているかどうかを確認しましょう。

step
1
スクリーンタイムをオンにする

[設定] → [一般] を見て、スクリーンタイムがオフになっている場合には、タップをし次の画面でスクリーンタイムをオンにします。

この時、親のiPhoneか子どものiPhoneか選ぶことができるので、必ず「子どものiPhone」を選びます。するとスクリーンタイムでできる設定が順に出てきます。

 

step
2
スクリーンタイムのパスワードを設定

インストール制限を行う場合は、この中の「コンテンツの制限」を設定するのですが、ここで出てくる画面では設定ができないので細かい設定は後程行います。

最後にスクリーンタイムのパスワードを設定します。

これは、クリーンタイムを解除するために必要なパスワードです。

りょうこママ
パスワードを子どもに知られてしまうと解除されるので、憶測されないようなパスワードを選ぶようにしましょう

 

step
3
コンテンツの制限を行う

インストールを制限するには、スクリーンタイム機能のコンテンツの制限を使います。

コンテンツとプライバシーの制限をオンにします。

続いて、iTuneおよびAppStoreで購入をタップし、ここで、インストールの許可を「許可しない」にしておきます。

 

すでにインストールされているApp内課金についても認めない場合には設定を変更しておきましょう。

 

りょうこママ
これでインストール制限ができました♪

子どものスマホはiPhoneで、親はアンドロイドの場合はこの設定を子どものスマホで行います。

スクリーンタイムの設置を変更する場合、子どもの端末で操作をしなければいけません。

りょうこママ
一度子どもにスマホを渡してしまうと、なかなか子どもが使っているスマホで設定変更をするのは難しい!!特に中学生や高校生の場合はっ!!

子どもにiPhoneを使わせるなら、親もiPhone、またはiPadなどのApple製品を使いファミリー共有と一緒にスクリーンタイム機能を使うことをお勧めします。

子どもも親もiPhoneユーザーのインストール制限

子どもも親もiPhoneを利用している場合は、スクリーンタイム機能とファミリー共有を組み合わせて使います。

ファミリー共有の設置ができていると、親のiPhoneから子どものiPhoneのスクリーンタイム機能を操作することができます。

→ ファミリー共有の設定方法はApple公式サイトで確認

ファミリー共有が設定されていると、親のiPhoneのスクリーンタイムに「ファミリー」が表示されます。

設定したい子どものiPhoneを選び親のスマホから遠隔で設定ができます。

子どもがインストールをしたいアプリがあった場合、子どもからは親へ承認のリクエストを送ることが来ます。

インストールをしてもいいアプリの場合には承認、ダメな場合には拒否をすればOKなのです。

りょうこママ
保護者も子どものiPhoneなら必ずファミリー共有を設定しておきましょう!

ファミリー共有を設定しておけば、設定変更のたびに子どものスマホを操作する必要がなくなリンス。

Androidはフィルタリングアプリを使ってインストール制限しよう!

アンドロイド端末を子どもに持たせている場合は、フィルタリングアプリを使ってインストール制限を行います。

GooglePlayの保護者による設定でもある程度の制限はできますが、アプリのインストールを禁止する制限ではありません。

できるのは、インストールを許可するアプリの対象年齢の設定です。

いちろう(長男)
一番厳しいもので3歳以上という設定。1~2歳児向けのアプリしかインストールできないっ!!

一番厳しいものを設定しておけば、不要なものはインストールをすることはないかもしれませんがインストールすること自体不可にした方が安心です。

フィルタイリングアプリ i-フィルターでのインストール制限

フィルタリングアプリの【i-フィルター】での設定方法をご紹介します。

”アプリフィルタリング設定”を選びます。

インストール済みアプリの個別詳細設定

Androidの場合、GooglePlayストアからアプリをダウンロードするのでこれを禁止にする。

りょうこママ
18歳未満の子どもに持たせるスマホにはフィルタリングは必須なので、アプリの使用制限とフィルタリングと両方できるのは管理がしやすく便利です!

インストール制限だけでは万全ではない。でもやっておこう!

アプリをどんどん入れてゲームばっかりやっている!親がOKをしていないSNSまで始めてしまっている。など、インストールに制限をかけていないと問題も多くなってしまいがちのようです。

ただ、抜け道も沢山あるのでインストール制限をしたからと言ってアプリが入れられない。というワケではありません

Androidならフィルタリングアプリ利用すれば有害なWEBサイトの排除だけでなくインストール制限もできるので管理がしやすくなります。

フィルタリングアプリは月々350円程度必要になりますが、子どもに持たせるスマホにはフィルタリングを設定することが保護者の義務となっています。

必ず設定をするようにしましょう。

少しでも月々の料金を安く抑えたいなら、フィルタリングアプリの「i-フィルター」が無料で使えるLINEモバイルを検討してみましょう。

子どものスマホはラインモバイルで安くなる!!

子どものスマホ代ってなんとか安くしたいですよね。格安SIMを使えば月々のスマホにかかる料金はとても安くすることができます。 非常にたくさんある格安SIMの中でも【子どもに持たせる安全なスマホ】を費用を ...

\\ 安くて安心の格安SIM //

LINEモバイル公式サイトへ!

LINEモバイルならi-フィルター無料!

家族のスマホ代を安く

フィルタリングアプリが無料で使えるLINEモバイル

LINEモバイルの「LINEフリープラン」は月々500円から利用できるデータSIMです。

子どもに持たせつスマホに必須のフィルタリングアプリが無料で使えるのも大きな魅力です。

またLINEを使っている時はデータ通信量が減りません。

サポートが充実!初めての格安SIMでも安心のマイネオ

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心!!

格安SIMに乗り換えたいけど、わからないことが多くて心配。という方には特におすすめ。
丁寧な設定ガイド、様々なサポートがあるので安心して使えます。

家族割・複数回線割などもあり家族で使う格安SIMとしてもおすすめ。

端末も安い!家族で持つならのに特におすすめOCNモバイルone

NTTコミュニケーションズの格安SIM。容量シェアプランを使えば1つの契約で5枚までSIMカードが使えます。

無料で使えるWi-Fiもあるから外出時もサクサク。

端末も他の格安SIMよりかなり安く購入できます。

-子どもとスマホ

Copyright© 子どもスマホの選び方。安くて安全格安SIM|家族のスマホ代を安くする , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.