子どもとスマホ

持たせる前に、インストール制限【子どものスマホ】アプリをインストールを制限するには?

更新日:

子どもにスマートフォンを持たせる前には、ある程度制限をかけておくことをお勧めします。

子どもの方がよく分かるし、子どものスマホだし・・・。と思い、そのまま渡してしまうと、有害な情報に会ってしまう可能性が大きいだけでなく、次から次へと色々なゲームなどで遊び時間を忘れてスマホばっかりいじっている。ということにもなりかねません。

自分で判断し、区切りをつけて利用ができるのが一番の理想ですが、場合によっては保護者が強制する必要も出てきます。

子どもに持たせるスマートフォンにしておきたい設定はいろいろありますが、ここでは「アプリのインストール制限」についての設定を紹介します。

りょうこ
次から次へと無料のゲームを入れて遊んだり、子ども向けではないアプリ、お金がかかるアプリなどが自由に入れられる状態だとトラブルになる可能性が大きいです。

子どもにスマートフォンを持たせる時には、購入後子供に渡す前に全て設定は保護者がしておくことをお勧めします。

スポンサーリンク




無料でできるインストール制限

アプリのインストール制限の方法はAndroidとiPhoneで違います。

iPhone、iPadなどのApple社の製品の場合はOSにインストール制限の機能があるためそこで設定を行います。

Androidの場合はOS自体にインストール制限の機能がないため、アプリを使った設定を行います。

Android(アンドロイド)とiPhone(アイフォン)って何が違うの?

新しいiPhone(アイフォン)が販売されるたび、テレビなどで大きく放送されアップルストアには発売開始日の何日も前から並ぶ人が出たりと、スゴイ人気ですよね。 世の中にあるスマホはiPhoneだけではあ ...

続きを見る

iPhoneの場合

iPhoneなどのApple社の製品でアプリをインストールする場合はAppStoreを使います。

AppStoreの利用に制限をかけることでアプリのインストールだけでなくAppStore内での課金を防ぐこともできます。

りょうこ
ゲームでの課金を制限するためにもインストール制限は必要です。

機能制限を使う

[設定] → [一般] → [機能制限] の順でタップします。

iphone6-ios9-general-restrictions

機能制限をタップすると「機能制限パスコード」の入力画面が表示されます。

機能制限を解除する際に必要となるパスコードです。子どもに推測されないパスコードを入力しておきましょう。

iphone6-ios9-set-passcode

機能制限をする設定をオフにする。

制限ができる一覧が表示されます。インストールの設定をオフにしておきましょう。合わせてApp内課金もオフにしておくことをお勧めします。

iphone6-ios9-app-restrictions-off

りょうこ
保護者が必要と思って入れたアプリを子どもが不要と判断して削除してしまう場合もあります。APPの削除もオフにしておくと安心ですね。

App内課金もオフにしておけば、うっかり課金をしてしまうことも防ぐことができます。

参考  Appleサポート iPhone、iPad、iPod touch で機能制限を使う

旦那
カメラなどの利用も制限できるんだね~
りょうこ
情報モラルが未熟な子どもの場合、不適切な写真を撮ってSNSに投稿したりすることもあるので場合によってはカメラなどにも制限をかけたほうがいいかもしれないね。
フィルタリングソフトを使う場合、Androidではインストール制限がフィルタリングの機能の一つとして使えることが多いのですがiPhoneの場合は、上記の設定方法でフィルタンリングソフトの設定とは別途行うことが多くなります。

iCloudファミリー共有を使う

iCloudのファミリー共有を利用することで、有料・無料にかかわらずアプリをインストールする際やアプリ内で課金をするときに保護者の許可が必要になります。

保護者もiPhoneやiPadなどiOSを利用している必要があります。

保護者のiCloudより、ファミリー共有の設定を行います。参考:Appleサポート

下の図では「家族」になっていますが、設定前の場合は「iCloudファミリー共有を設定」と表示がされています。

家族を追加をタップすると、家族を最大5人ファミリーとして追加をすることができます。

ファミリーとして追加する子どものAppleIDとパスワードが必要になりますので、13歳以上でAppleIDを作ることができる年齢の場合でも、AppleIDのパスワードを親が把握をしておいたほうが良いかもしれませんね。(メールでの承認による追加もできます。)

ちなみに、13歳未満の場合はAppleIDを一般的な作り方では作ることができないのですがiCloudのファミリー共有からであればAppleIDを作ることが可能です。ただし、保護者とのファミリー共有は必須で、ファミリー共有が解除されると子どものAppleIDは削除されます。

購入と承認のリクエスト

承認と購入のリクエストは、家族の中の設定したい子どもをタップして画面を進めます。

「承認と購入のリクエスト」をオンして設定完了です。

りょうこ
iCloudのファミリー共有で承認と購入のリクエストを使うと、保護者のAppleIDからすべて支払いがされることになります。

スポンサーリンク




Androidの場合

AndroidではアプリのインストールはGoolgePlayのPlayストアから行います。

GooglePlayのペアレンタルコントロールを使ってアプリのインストール制限を行います。

1.Playストアを開き、左上のメニューを開きます。

screenshot_2016-11-06-07-22-50

2.[設定] → [ぺアレンタルコントール]を選びます。*保護者による使用制限という表記になっている場合もあります。

screenshot_2016-11-06-07-23-36

りょうこ
ペアレンタルコントロール(保護者による使用制限)の下の購入時に認証が必要。を選ぶと、GooglePlayでの課金に認証が必要になります。

3.保護者による使用制限がOFFの状態の時はONにします。

screenshot_2016-11-06-07-39-15

4.PINコードを入力します。(任意の4桁)

*このPINコードが分からなくなると、設定を解除したりすることができなくなりますので忘れないように。そして子どもにはわからないような数字にしましょう。

screenshot_2016-11-06-07-39-26

5.ペアレンタルコントロールがONの状態になります。

それぞれの項目の設定を行います。タップすると年齢設定の画面が表示されます。

screenshot_2016-11-06-07-39-41

screenshot_2016-11-06-07-39-50

 

有料でできるインストール制限

フィルタリングアプリを使ってもインストール制限を行うことができます。

ポイント

iPhone版のフィルタイリングアプリではインストール制限ができません。先に紹介をしたiCloudファミリー共有で設定を行いましょう

りょうこ
これ以降の設定はAndroidでできるインストール制限の設置方法です。

フィルタリングアプリの【i-フィルター】での設定方法をご紹介します。

 

”アプリフィルタリング設定”を選びます。

 

インストール済みアプリの個別詳細設定

 

Androidの場合、GooglePlayストアからアプリをダウンロードするのでこれを禁止にする。

りょうこ
18歳未満の子どもに持たせるスマホにはフィルタリングアプリは必須なので、アプリの使用制限とフィルタリングと両方できるのは管理がしやすく便利です!

他のフィルタリングアプリを使ってもAndoridの場合はフィルタリングアプリでインストール制限が可能です♪あ

マイネオ(mineo)のジュニアパック「スマモリ」でフィルタリング!

マイネオでは「安心フィルタリング」というサービスでデジタルアーツのi-フィルターを利用できるオプションサービスと「ジュニアパック」という子どもが使うスマホに便利なアプリがセットになったサービスがありま ...

続きを見る

インストール制限だけでは万全ではない。でもやっておこう!

アプリをどんどん入れてゲームばっかりやっている!親がOKをしていないSNSまで始めてしまっている。など、インストールに制限をかけていないと問題も多くなってしまいがちのようです。

iPhoneの場合もAndroidの場合もインストールの制限をしておくと安心ですね。

りょうこ
iPhoneの場合はフィルタリングとアプリの制限が別になってしまいますが、どちらもやっておきたい設定ですね。
中学生・高校生のスマホ iPhoneがお勧めできない理由

中学生や高校生に大人気のiPhone。 iPhoneを使っている保護者も多いので、iPhoneを買ってあげる方も多いでしょう。 私もその買ってあげた保護者の一人です。でも、結果としてまだ未熟な中学生・ ...

続きを見る

ただ、抜け道も沢山あるのでインストール制限をしたからと言ってアプリが入れられない。というワケではありません。また、すでにインストール済みのアプリはインストール制限では制限できません。

子どもが持たせるスマホにはフィルタリングを行わなければいけませんが、Androidならフィルタリングアプリ利用すれば有害なWEBサイトの排除だけでなくインストール制限もできるので管理がしやすくなります。

格安スマホでも安心。マイネオ安心フィルタリングでネット脅威から子どもを守る

以前は「Yahoo!あんしんねっと」など無料である程度のフィルタリングができるサービスもあったのですがサービスの終了してしまいました。 他の無料で利用できるフィルタリングアプリもありますが、無料の範囲 ...

続きを見る

フィルタリングアプリは月々350円程度必要になりますが、子どもに持たせるスマホにはフィルタリングを設定することが保護者の義務となっています。

必ず設定をするようにしましょう。

少しでも月々の料金を安く抑えたいなら、フィルタリングアプリの「i-フィルター」が無料で使えるLINEモバイルを検討してみましょう。

子どものスマホはラインモバイルで安くなる!!

子どものスマホ代ってなんとか安くしたいですよね。 格安SIMを使えば月々のスマホにかかる料金はとても安くすることができます。   非常にたくさんある格安SIMの中でも【子どもに持たせる安全な ...

続きを見る







家族のスマホ代を安く

家族のスマホ代を安くするならマイネオ

子どものスマホ代に頭を悩ませていませんか?

子どものスマホ代もマイネオを使えば安くなります。家族で乗り換えれば更にお得に!もちろんiPhoneだって安くなります。

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心です!

フィルタリングアプリが無料で使えるLINEモバイル

LINEモバイルの「LINEフリープラン」は月々500円から利用できるデータSIMです。

子どもに持たせつスマホに必須のフィルタリングアプリが無料で使えるのも大きな魅力です。

またLINEを使っている時はデータ通信量が減りません。

子どもに手軽に安く、安心して持たせられるのはLINEモバイルです!

-子どもとスマホ

Copyright© 家族のスマホ代を安くする|マイネオならiPhoneだって安くなる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.