LINEモバイル

LINEモバイルでiPhoneを子どもスマホに。申し込みから設定までやってみました。

子ども用のスマホは安全で、費用を抑えて、保護者が管理しやすいものがお勧めです。

では、iPhoneは子ども用のスマホとして使うことができるのでしょうか?

iPhoneを使うなら、どこの携帯会社と契約するのがよいのでしょうか?

格安SIMは何社かありますが、おすすめはLINEモバイルです。

今回は、おすすめするLINEモバイルへの申込み方法や設定の方法まで具体的に説明します。

 

はなえ
我が家では私がiPhoneを使用しているのですが、小学生の娘にもiPhoneを見守りスマホとして用意をしたの。その経験を紹介しますね。

 

iPhoneって子どもスマホとして利用できるの?

子ども用のスマホというと、キッズ携帯など特別なものを用意する必要があるって思っていませんか?

実は、子ども用に特別なスマホを用意する必要はありません。

どんなスマホでも設定次第で子どもにもたせても大丈夫。

もちろんiPhoneでもOK!です。

 

 iPhoneを子どもスマホとしてもおススメできる理由

iPhoneを子どもスマホとしておススメできる理由はいくつかあります。

まず、第一はセキュリティの高さです。

アンドロイドスマホは、悪質なアプリが存在する可能性が高いためウイルス対策ソフトが必須ですが、iPhoneはAppStoreでウイルス対策を行っているためその必要がありません。

また、iPhoneは、特別なアプリを入れなくても、スクリーンタイム機能やペアレンタルコントロール機能など、お子さんが勝手にゲームに課金したり、ネットで変なサイトで犯罪に巻き込まれないように細かく利用制限をすることができます。

子供のiPhoneの使用制限(時間制限)はスクリーンタイム機能&iCloudファミリー共有

iPhoneやiPadなどにアップル社の製品に入っている「iOS」。 2018年9月にアップデートがあり、iOS12に更新ができるようになりました。 iOS12にすることで「スクリーンタイム機能」が利 ...

続きを見る

さらに、iPhoneは、バッテリー交換をすれば、昔のiPhoneでも長く使い続けることができますから、親が昔使っていたiPhoneを子ども用にすることも可能です。

子どもが持つスマホとして設定しなければいけないことなど色々とありますが、保護者がiPhoneであれば子どももiPhoneを利用したほうが見守りがしやすくなります。

はなえ
最新のもので無ければiPhoneも買いやすい値段で購入できますよ。

 

iPhoneのバッテリー交換についてはこちらの記事をみてくださいね

iPhone6sのバッテリー交換を自分でやってみた。古いiPhoneも蘇る!

 

iPhoneを使用する場合、どこがいい?

iPhoneを使う場合、そのiPhoneを自分で用意する方法とSIMカードとセットで購入する方法の2つがあります。

格安SIMの場合、最新のiPhone12の扱いはありませんが、LINEモバイルやmineo、OCNモバイルなどでは、iPhone11やiPhoneSEをセット購入することができます(2021年1月現在)

ただ、TONEモバイルのように、iPhoneの扱いがない格安SIMもあります。

その場合は、新品もしくは中古のiPhoneを自分で用意することになります。

そんな格安SIMの中で、子どもが持つスマホとして一番にお勧めしたいのは「LINEモバイル」です。

 

はなえ
LINEモバイルをおすすめする理由を次に説明しますね。

 

子供スマホにLINEモバイルをおすすめする理由

LINEモバイルをおすすめする第一の理由は、データ専用SIMの料金が月々600円と経済的であることです。

子どものスマホはラインモバイルで安くなる!!

子どものスマホ代ってなんとか安くしたいですよね。格安SIMを使えば月々のスマホにかかる料金はとても安くすることができます。 非常にたくさんある格安SIMの中でも【子どもに持たせる安全なスマホ】を費用を ...

続きを見る

 

また、家族向けに特別のプランなどは用意がされていませんが、

  • i-フィルターが無料で使える。
  • LINEのアカウントの作成が簡単
  • 子どものデータ利用状況を簡単に確認できる

など子どもに持たせるスマホとしてうれしいサービスもあります。

iPhoneはペアレンタルコントロールやスクリーンタイムを利用すれば、居場所の確認やアプリの制限なども保護者のスマホから遠隔で操作できますから、LINEモバイルとの組み合わせは最高といえるでしょう。

 

はなえ
LINEモバイルのサービスと併用すればすごく安心♪

 

次に、私が子ども用のスマホとして、LINEモバイルでiPhoneを購入し、設定した手順を順を追ってレポートしていきますね。

 

子ども用のスマホに契約をするLINEモバイルのプランは?

申し込みを行う前に、まず契約をするLINEモバイルのプランを決めました。

迷いなく決めたのは【データSIMのLINEデータフリー】です

LINEモバイルには、データSIM(SMS付)と音声通話SIMがあります。

>>データSIMと音声通話SIMとは?

いちろう(長男)
データSIMの場合は、090、080といった電話回線を用いた通話ができませんが、子どものスマホの場合はLINE通話ができればOK!

 

小学生や中学生の場合、ほとんどは家族や友達とのやり取りですからLINEが使えれば連絡は取り合えます。

我が家の場合、上の子たちも中学卒業まではデータSIMを利用していました。

LINE電話の場合、緊急電話(110番や119番)や固定電話へ掛けられないデメリットはありますが、小学生の間はほぼ必要ないかな。との判断です。

ただ、どうしても心配な場合は、IP電話アプリを使う手もあります。

050から始まる電話のこと知ってる?IP電話ってなんだろ?おすすめIP電話アプリ

一般的な携帯電話の番号って090や080から始まりますよね。 でも、たま~に050から始まる電話番号を見かけることはありませんか? 050から始まる電話番号はIP電話の電話番号です。 IP電話を使えば ...

続きを見る

 

はなえ
それぞれの家庭で事情が違うと思うけど、おばあちゃんの家とか固定電話に電話をかける必要がある場合には、データ専用ではなく、音声通話SIMを選ぶことをおすすめします。

 

LINEモバイル契約時に必要な初期費用

LINEモバイルに申し込みするには次のような初期費用が必要です。

LINEモバイルの初期費用

  • ウェブ登録事務手数料 3,000円
  • SIMカード発行手数料 400円
  • 初月の月額基本利用料
  • 端末を購入する場合には端末代

初期費用がかかるのは仕方ない・・・と思うかもしれませんが、初期費用を抑える方法もあります。

それがエントリーパッケージを使う方法です。

 

LINEモバイルにお得に申し込むにはエントリーパッケージを使う

少しでも初期費用を抑えたい場合には【エントリーパッケージ】を利用しましょう。

 

いちこ(長女)
エントリーパッケージはAmazonや家電量販店で販売されている16桁のコードが記載されたパッケージのことです。

 

エントリーパッケージは300円~500円するのですが、利用することで登録事務手数料が無料になります。

 

いちろう(長男)
つまり、2,500円程度節約ができる。ということです。

エントリーパッケージと併用ができないキャンペーンもあります。利用したいキャンペーンがある場合には、エントリーパッケージとの併用が可能かキャンペーンの注意事項を必ず確認!

 

エントリーパッケージの購入方法は?

エントリーパッケージには、「ダウンロード版」と「パッケージ版」があって、家電量販店や楽天市場、Amazonでも購入が可能です。

定価は900円ですが、Amazonなら300~500円で販売されていることが多く、ダウンロード版の購入も可能です。

 

はなえ
私はAmazonでダウンロード版を購入したのでその手順を説明しますね

AmazonでLINEのエントリーパッケージを検索します。次のボタンからも購入できます。

↓ここから買えます。

ダウンロード版のエントリーパッケージをAmazonで購入すると、16桁のコードがすぐにメールで届きます。

 

届いたらすぐにLINEモバイルに申込ができます。

 

はなえ
2021年1月現在、AmazonをはじめほかのサイトでもLINEのエントリーパッケージは「在庫なし」状態が続いているようです。

LINEモバイルではさまざまなキャンペーンもやっているので、エントリーパッケージが買えなかったらキャンペーンをチェックするのもおすすめです。

 

LINEモバイル申し込み前に用意をしておくもの

LINEモバイルの申し込みをする時には、事前に次のものを用意しておきましょう。

LINEモバイルの申し込みに必要なもの

  • 本人確認書類
  • 支払い手段
  • 連絡先メールアドレス
  • (MNP予約番号)

他社からMNP転入をする場合には、LINEモバイルに申し込む前にMNP転出(MNP予約番号)が必要です。

今回は子ども用のスマホとしデータSIMを新規で申し込むため、MNP予約番号は不要でした。

 

本人確認書類

本人確認書類として認められるものは、運転免許証やマイナンバーカードなどで、契約者本人のものが必要です。

子ども用のスマホを申し込む場合、支払いをする保護者が契約者、使用をする子どもは利用者となるため保護者の本人確認書類を用意します。

はなえ
予め本人確認書類の写真を撮っておくと申し込みがスムーズです。

光が映ってしまい、文字が見えにくい写真はNGです。

 

支払い手段

LINEモバイルの支払い方法は、クレジットカードまたはLINE Payカードです。

LINE Payカードの場合、残高が不足しているとエラーになってしまいます。

初期費用と端末代をチャージしておきましょう。

LINEモバイルはクレジットカード不要の格安SIM【未成年にも】

格安SIMの多くは20歳以上の成人しか契約をすることができません。 そのため20歳未満の子どもが利用する場合には、保護者名義で格安SIMを契約し子どもを利用者として登録することになります。 はなえ こ ...

続きを見る

 

連絡先メールアドレス

申し込みの際にはLINEモバイルから確認メールが届きます。

そのため、契約者のメールアドレスを用意しておきましょう。

 

いちろう(長男)
メールアドレスを間違えると連絡が届かないから注意しないとね。

 

LINEモバイル利用までの流れ

必要なものが準備できたら、LINEモバイルへ申し込みを行います。

申し込みから利用開始までの流れは次のようになります。

  1. ウェブから申し込みを行う
  2. 契約成立のお知らせメールが届く
  3. SIMカードや購入した端末を受け取る
  4. 利用開始手続き、初期設定を行う

(参照:LINEモバイルHP)

はなえ
事前に流れがわかると安心ですよね。では、ウェブからの申し込みからスタートです。

 

LINEモバイルへの申し込み方法

準備ができたらLINEモバイルへ申し込みます。

→ LINEモバイル公式サイトへ

step
1
通信内容の取扱いに関する注意点の確認

「今すぐ申し込む」を選ぶと、「通信内容の取扱いに関する注意点の確認」が表示されるので、確認して「上記に同意して申し込む」をタップします。

step
2
申し込み内容の選択

データ容量、回線、SIMタイプ、端末購入の有無など、申し込みの内容を選択します。

[データフリーオプションの選択]

データフリーオプションはあらかじめ決めていたLINEデータフリーを選びます。

 

[データ容量]

データ容量は子どもの連絡用のスマホとなりますので、一番少ない容量でOK

LINEモバイルのLINEデータフリーならLINE利用時はデータ容量が減らないので500MBでも十分です。

 

はなえ
データ容量は後から変更可能です。

 

[回線の種類]

ソフトバンク回線を選びます。

LINEモバイルでiPhoneを購入する場合は、ソフトバンク回線のみとなります。

ドコモで購入をしたiPhoneを利用する場合にはドコモ回線、auで購入をしたiPhoneを利用する場合にはau回線を選ぶようにしましょう。

 

[SIMタイプ]

音声通話SIMまたはデータSIMを選びます。

LINE通話やIP電話だけではなく、電話回線(090や080などの番号)を用いた電話が必要な場合(固定電話や携帯電話番号への通話)は音声通話SIMを選びます。

今回はデータSIMを選びました。

 

[端末購入の有無]

今回はiPhoneを同時に購入をするため、「端末を購入する」を選び、iPhoneを選びます。

iPhoneの設定にはWi-Fi環境が必要なため「Wi-Fiでインターネットに接続できる環境があります」にチェックを入れます。

続けて端末の容量、支払回数を選びます。

 

step
3
オプションを選ぶ

オプションを選択します。

オプションは後から加入できるので迷う場合は、とりあえずナシでOKです。

必要なオプションがあれば選びます。

子どものスマホやパソコンに必ず入れたい「フィルタリングアプリ」はLINEモバイルの場合は無料で利用することができます。

ここのオプション欄には表示されません。

 

step
4
手続き内容の選択

申し込み区分やキャンペーンコード、エントリーパッケージのコード入力をします。

Amazonでエントリーパッケージを購入した場合はチェックを入れると入力欄が表示されます。

ここに通知されたコードを入力します。

 

実施中のキャンペーンによってはエントリーパックとの併用がNGの場合もあります。

 

step
5
契約者情報の入力

契約者情報の入力をします。

契約者なので保護者の情報の入力です。

 

「LINEモバイルの利用者」は”契約者と利用者が異なる”を選びます。

 

いちこ(長女)
利用者の欄は使う子供の情報を入力します。

 

step
6
フィルタリングオプション

入力が終わり、18歳未満の使用者の場合はフィルタリングを申し込む・利用しないを選ぶことができますので、フィルタリングを申し込むを選びます。

 

step
7
メールでの本人確認へ

ここまで入力を進めると、メールで本人確認を行う流れとなります。

メール送信前には、規約に同意して仮申し込みを行います。

契約者情報入力時に入力をしたメールアドレスにLINEモバイルよりメールが届きます。

届いたメールの中のURLをクリックし、次の作業に移ります。

 

step
8
本人確認書類のアップロード

免許証、マイナンバーカードなどの本人確認書類をアップロードします。

光の入り込みなどがないように注意をしましょう。

 

いちろう(長男)
事前に本人確認書類の写真を撮っておくと、ここでの作業が楽になるよ。

 

step
9
支払い方法の選択

クレジットカードまたはLINE Payカードより選択します。

LINEペイカードの場合は、残高を確認して申し込みをしましょう。

LINE Payを選ぶこともできるため、すでにLINE Payを利用している場合にはLINE Payの支払いでも大丈夫です。LINE Payを利用する場合にはクレジットカードが必要です。

 

step
10
ログインIDとパスワードの設定

LINEモバイルのマイページへログインするためのIDとパスワードを設定します。

 

はなえ
マイページは、LINEモバイルとの契約内容、データ残量、各種変更手続き、契約内容や請求明細などを確認できる契約者向けのサイトです

 

step
11
最終確認

最後に最終確認をし、申し込みを完了させます。

審査結果がメールで届きます。

 

はなえ
順を追って紹介しましたが、画面通りに進めば特に難しいことはありませんよ。

 

端末(iPhone)とSIMカード到着後の設定方法

端末とSIMカードが届いたら、どうしたらよいのかを次に説明しますね。

申し込みから約2日後にはiPhoneとSIMカードが送られてきました。

はなえ
端末を同時購入したので、設定は楽々でした^^

 

パッケージには次のものが入っていました。

入っていたもの

  • iPhone本体
  • LINEモバイルスタートキット

 

iPhoneとSIMカードが届いたあとの設定方法を説明しましょう。

 

step
1
SIMカードを本体に挿す

まずは手順に従ってSIMカードを台紙から切り離して端末に挿入します。

 

LINEモバイルスターターキットにはSIMカードと初期設定マニュアルが入っています。

 

SIMカードは台紙についているので、IC部分に触れないように切り離します。

 

切り離しができたら、iPhoneに差し込みます。

 

iPhoneの付属のピンでSIMの差込口を開けます。

切り取ったSIMカードを置き差し込みます。

 

step
2
子ども用のAppleIDの作成

端末の設定前に子ども用のAppleIDを作成しておきましょう。

13歳未満の子どものAppleIDは保護者のAppleIDから作成をすることができます。

 

はなえ
利用するのは保護者のiPhoneです。

 

iPhoneの設定より、一番上のAppleIDのところをタップして進みます。

ファミリーメンバーのところに『ファミリーメンバーを追加』というところをタップし、作成を進めます。

 

はなえ
セキュリティコードはクレジットカード裏の署名欄の端に書かれた数字です。

途中、保護者のAppleIDに紐づけられたクレジットカードのセキュリティコードを入力を求められます。

これは、子どもの保護者であることの確認です。

 

 

承認と購入のリクエストはオンにしておきましょう。

オンにしておくと、有料コンテンツなど購入したい時に承認となるため、不要なものは拒否することができます。

オフにしておくと、すべて許可することになってしまいます。

 

位置情報の共有はオンにしておきましょう。

iPhoneの探す機能を使って、お子さんの居場所がわかるようになります。

子どもの居場所がすぐわかる!Android&iPhone 子ども持たせるなら知っておきたい機能

子どもにスマホを持たせるメリットとして「連絡が取りやすい」というはかなり大きいですよね! が、しかし・・・ 実際に持たせてみると、電話をしても出ない。LINEでメッセージを送っても既読にならない・・。 ...

続きを見る

あとは利用規約に同意をするなど、出てくる画面通りに進めていけば子ども用のAppleIDが作成できます。

 

step
3
子ども用iPhoneの設定

子ども用のAppleIDの作成ができたら、購入をした子ども用の端末であるiPhoneの設定を行います。

iPhoneは電源を入れると設定を順番に聞いてくるので、その指示通りにこたえていけば設定完了です。

 

いちろう(長男)
最初にWi-Fiへ接続する設定がありますので、Wi-Fiのパスワードは事前に確認しておきましょう。

 

順番通りに設定を進めていき、先に準備をした子ども用のAppleIDでサインインをすればOKです。

 

step
4
LINEモバイルの契約者連携をする

保護者のスマホのLINEで契約者連携をします。

契約者連携をすることで、マイページへのログインが簡単にできるようになります。

マイページでは、データ残量の確認などが簡単にできるので、お子さんのスマホの利用状況なども確認しやすくなります。

 

契約者連携は、LINEモバイルを友達登録し、契約者連携のメニューより申し込み時に作成をしたログインIDとパスワードで連携をします。

 

step
5
子ども用のLINEアカウントを作る

LINEアカウントを作成するには、電話番号が必要です。

今回契約をしたデータSIMはSMS付きです。SMSとは実際に使えないけど、仮で振られている電話番号のことです。

 

いちろう(長男)
電話番号はLINEモバイルのマイページで確認できますよ

 

この番号を使えば、LINEアカウントを作ることができます。

子どものiPhoneでAppStoreよりLINEアプリをインストールし、確認した契約電話番号を使ってLINEアカウントを作成しましょう。

番号の確認方法は、LINEモバイルのマイページで確認することができます。

マイページログイン後に、画面下のほうへスクロールをし契約内容のところにある【契約電話番号】を利用します。

 

LINEアプリは推奨年齢が12歳以上です。そのため、AppleIDに登録をした年齢によっては表示がされない可能性があります。

保護者のiPhoneのスクリーンタイム機能を使って、アプリの推奨年齢を12歳以上に変更をしておきましょう。

 

iPhoneの設定からAppleIDを表示させます。

スクリーンタイムをタップします。

設定するファミリーをタップ

 

コンテンツとプライバシーの制限をタップ

コンテンツ制限をタップ

コンテンツ制限を12歳以上にしておきます。

右側のコンテンツ50%

 

step
6
利用者連携をする

子どものLINEアカウントを作成することができたら、利用者連携を行います。

利用者連携をするには、利用者コードが必要です。

保護者のiPhoneのラインより、LINEモバイルのマイページへログインをして利用者コードを確認します。

マイページ右上のメニューをタップ

契約者情報をタップ

利用コードが記載されています。

 

 

続いて子どものiPhoneのLINEでLINEモバイルを友達追加し、利用者連携を行います。

LINEモバイルを友達追加し、利用者連携を行います。

利用者連携を行うことで、データ残量の確認やLINEモバイルユーザーの友達へデータ容量をプレゼントできるようになります。

 

はなえ
これで子ども用のスマホとしての利用するiPhoneの設定がほぼ完了です。

こちらの記事でも手順を詳しく説明しているので参考にしてください

LINEモバイルを子ども用スマホに!契約ステップを確認【実際に契約しました。】

LINEモバイルは月々600円から利用できる格安SIMです。 数ある格安SIMの中でも子ども用スマホのに一押しでおすすめしたい格安SIMです。 子ども用のスマホにLINEモバイルを契約するにはどのよう ...

続きを見る

 

LINEモバイルで子ども用のiPhoneを設定する際の注意事項

LINEモバイルで子ども用のiPhoneを購入し、到着後必要な設定をまとめてみました。

最後にいくつか注意点を挙げておきましょう。

iPhoneを子ども用のスマホとして使うには、子どものAppleIDを用意し、保護者のAppleIDとファミリー共有をさせることが必要です。

 

はなえ
保護者がAndroidユーザーの場合は子どももAndroidを選びましょう

 

iPhoneのスクリーンタイム機能を使えば、子ども用のスマホの使用制限など細かく設定ができますが、WEBの閲覧履歴などより細かい情報を確認したい場合には【i-フィルター】の利用が必要です。

LINEモバイルはi-フィルターの利用が無料なので、ぜひ活用をしましょう。

 

LINEモバイルのフィルタリングオプション「i-フィルター」でできること確認

LINEモバイルは子どもに持たせるスマホとしてとてもおすすめです。 その一番大きな理由がフィルタリングアプリのi-フィルターが無料で使えるからです。 どこの格安SIMを使っても、月々のスマホの料金を安 ...

続きを見る

 

LINEモバイルなら、i-フィルターも使え、LINE登録に必要な電話番号も使えて月々600円から使用できるので、おすすめです。

 

LINEモバイルでiPhoneを使っている感想

実際にLINEモバイルでiPhoneを使っている人の感想を調べてみました。

子どものスマホデビューに

【利用プラン】ベーシックプラン 500MB / データSIM(SMS付き) ソフトバンク回線

【利用端末】iPhone 6s 16GB SoftBank

【データ量】子供のスマホデビューに購入。高校になって学校が遠くなり、通学時間が長くなったら500MBでは足りなくなりました。Spotify利用がメイン。

【インターネットの速度・つながりやすさ】外ではLINEは問題ないのですが、Spotifyがとぎれとぎれになります

【通話】携帯電話回線に比べると不安定ですが、文字も併用できるので、特に問題ありません

【総評】スマホはヤフオクで安く手に入れて、SIMロックが掛かっていたのでソフトバンク回線が使えるこちらにしました。子供のスマホデビューには良かったです。

(価格.comより)

 

コスパが良い!

【利用端末】iPhone 6s 32GB SIMフリー

【データ量】小学生の子供のために、ドコモのキッズケータイからスマホに変えました。
フリープラン(1GB)ですが、自宅ではWi-Fiを使うため速度のストレスはありません。
ドコモのスマホにする方法もありましたが、家族とLINE通話すれば不便はないので、コスパの良い格安SIMにしました。端末は秋葉原で新品のSIMフリー端末(iPhone6s)を購入しました。
子供が大きくなって利用頻度が増えれば、ドコモに加入し直せば良いかと思っています。

【インターネットの速度・つながりやすさ】自宅ではWi-Fiで使っているので、速度のストレスはありません。外出時にはほとんど使わないため特に不自由はないです。

【手続き・設定の簡単さ】自宅にSIMカードが送られてきて設定を行いましたが、SIMフリー端末を使っていたせいもあるのか、少し手間どりました。説明書の内容もシンプルすぎて、スキルのない人にはちょっと難しいかもしれません。

【サポート】特にサポートに連絡することもなく設定できました。

【総評】小6の子供用にキッズケータイからスマホにしました。
当初、家族と同じドコモでの契約も考えましたが、料金と利用目的を考えてSIMフリー端末+LINEモバイルにしました。
自宅ではWi-Fiを使うため、データも1GBあれば十分ですし、家族とはLINEで通話すればいいので困ることはありません。
子供のスマホの利用頻度が増えれば、ドコモへの移行を考えればいいと思っています。

(価格.comより)

家族のスマホ代を安く

自治体が推奨するAI見守り機能搭載「TONEモバイル」

TONEモバイルのAI見守り機能「TONEファミリー」は東京都が推奨しています。

容量無制限で月額料金は1000円から

アフターサポートも充実しており、スマホ初心者におススメしたいMVNOです。

サポートが充実!初めての格安SIMでも安心のマイネオ

mineo(マイネオ)

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心!!

格安SIMに乗り換えたいけど、わからないことが多くて心配。という方には特におすすめ。
丁寧な設定ガイド、様々なサポートがあるので安心して使えます。

家族割・複数回線割などもあり家族で使う格安SIMとしてもおすすめ。

月額料金480円~ 子供パックもお得なイオンモバイル

イオンモバイル

業界最安値の月額料金480円~で使用可能

子供が安全に利用可能なアプリ11本が月々150円で利用可能な「子供パック」が便利

中高生には学割プランもおススメです。

-LINEモバイル

© 2021 子どもスマホの選び方。安くて安全格安SIM|家族のスマホ代を安くする Powered by AFFINGER5