スマホのこと

povoでもiPhoneを使いたい!対応機種と設定方法

povoは、2021年3月にauから発表された新ブランドです。

20GBを2,728円と低額で使えるので、povoへの乗り換えを考えている方も多いのではないでしょうか。

ただ、povoでは端末を販売していませんから、乗り換えするにあたっては、自分が使っていた端末が使えるのか?特にiPhoneが使えるのか?は気になるところではないでしょうか?

そこでここでは、povoでiPhoneが使えるのか?povoでのiPhoneの設定方法や注意事項などを詳しく調べてみました。

 

povoの公式サイト

 

povoでiPhoneは使えるの?

まず一番気になる「povoでiPhoneが使えるのか?」について調べてみました。

povoのHPを確認すると、対応機種が記載されていて、その中にiPhoneもあり、povoでiPhoneが使えることがわかります。

じろう(次男)
iPhoneもいろいろ機種があるけど、どの機種なら大丈夫なんだろう?
povoで使えるiPhoneの機種を次に説明するね
いちこ(長女)

 

povoで使えるiPhoneは?

povoで使えるiPhoneは、2021年4月29日現在、iPhone6Splusから最新のiPhone12proまで19機種です。

povoで使えるiPhone

iPhone 12 Pro        iPhone 12 Pro Max  iPhone 12        iPhone 12 mini
iPhone 11 Pro        iPhone 11 Pro Max  iPhone 11
iPhone XR              iPhone XS          iPhone XS Max  iPhone X
iPhone 8                 iPhone 8 Plus              iPhone 7                  iPhone 7 Plus
iPhone 6s       iPhone 6s Plus
iPhone SE (第2世代)   iPhone SE (第1世代)

ここに注意!

ポイント

povoでは上記の19機種のiPhoneが使えますが、全ての機種がeSIMに対応しているわけではありません。

eSIM対応機種は次の11機種です。

iPhone 12 Pro  iPhone 12 Pro Max  iPhone 12  iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11 Pro  iPhone 11 Pro Max  iPhone 11
iPhone XR    iPhone XS   iPhone XS Max

 

いちこ(長女)
eSIMってなに?
eSIMは、スマートフォンに内蔵された本体と一体型のSIMのことだよ。

本体に内蔵されているから、SIMカードが届くのを待ったり、小さなSIMカードを、破損や静電気を気にしながら差し替える必要がなく、オンラインで設定を完了させることができるんだ

いちろう(長男)

 

povoでiPhoneを使うには?設定方法は?

povoで使えるiPhoneの機種をご確認いただけたところで、次にpovoでiPhoneを使うための設定方法を説明しましょう。

設定方法は、eSIMと通常のSIMカード(au ICカード)で異なります。

eSIMの場合

手続きには次のものが必要になりますので、事前に準備しておきましょう。

手続きに必要なもの

  • povoを使用するiPhone(SIMロック解除済みのもの)
  • それ以外の端末(PCやタブレットでもOK)
  • wifi等のネットワーク

 

step
1
回線の切り替え(MNPの場合)

Webサイトで、回線の切り替えを実施します。

1.注文履歴へアクセスし、「新規契約・他社からの乗換え(MNP)」を選択します
2.「ご注文番号の入力へ進む」を選択します
3.「ご注文番号」と「注文履歴確認用パスワード」を入力し、「ご注文履歴を表示する」を選択します
4.注文履歴確認画面の「回線を切り替える」を選択します
5.使用するiPhoneの電源を切ります
6.30分ほど時間をおいて、iPhoneの電源を入れます

step
2
QRコードの取得

1.povoで使うiPhone以外の端末でプロファイル用のURLにアクセスします
2.au IDを入力します
3.QRコードを表示し、次のステップに進みます

step
3
QRコードの読み取り

1.povoと使うiPhoneをネットワークに接続します
2.「設定」→「モバイル通信」をタップします
3.「モバイル通信プランを追加」をタップします。

4.STEP2で表示したQRコードを読み取ります
5.「モバイル通信プランを追加」をタップします
6.回線が追加されたら設定完了です

 

step
eSIM切り替え

povo以外の回線契約を行っている場合は、以下の手順でeSIM切り替えを行います。

1.「設定」→「モバイル通信」をタップします
2.「副回線」をタップします
3.モダイル通信が「KDDI」になっていることを確認し、「この回線をオンにする」にします

4.「OK」をタップします
5.「モバイル通信」をタップします
6.povoで利用する回線をタップします

7.ネットワーク選択が「KDDI」になっていることを確認できたら、設定完了です。

step
APN構成プロファイルの削除

他の会社のプロファイル(APN)が設定されている場合は、次の手順で他社プロファイル(APN)の削除を行います。

APNとは?

「APN」は「Access Point Name」の略で、携帯電話回線からインターネットなど他のネットワークへの接続窓口となる設定のことをさします。

1.「設定」をタップします
2.「一般」をタップします
3.「プロファイルとデバイス管理」をタップします

4.削除する他社の「構成プロファイル(APN)をタップします
5.「プロファイルを削除」をタップします
6.iPhoneの「パスコード」を入力します

7.「削除」をタップします
8.APN構成プロファイルが削除されたことを確認します

step
発信テスト

次の手順で発信テストを行います。

1.発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけます。
2.ガイダンスを最後まで聞いて電話を切ります。

いちろう(長男)
eSIMの手順は面倒なように見えるけど、SIMが届くのを待たずに申し込み後、すぐに設定が始められるよ

 

通常SIMカード(au ICカード)の場合

手続きには次のものが必要になりますので、事前に準備しておきましょう。

手続きに必要なもの

  • povoを使用するiPhone(SIMロック解除済みのもの)
  • SIMカード(au ICカード)

 

step
au ICカードの挿入

au ICカードを台紙から取り外し、利用するiPhoneの取り付けます

 

step
回線の切り替え(MNPの場合)

Webサイトで、回線の切り替えを実施します。

1.注文履歴へアクセスし、「新規契約・他社からの乗換え(MNP)」を選択します
2.「ご注文番号の入力へ進む」を選択します
3.「ご注文番号」と「注文履歴確認用パスワード」を入力し、「ご注文履歴を表示する」を選択します
4.注文履歴確認画面の「回線を切り替える」を選択します
5.使用するiPhoneの電源を切ります
6.30分ほど時間をおいて、iPhoneの電源を入れます

 

step
APN構成プロファイルの削除

他の会社のプロファイル(APN)が設定されている場合は、次の手順で他社プロファイル(APN)の削除を行います。

APNとは?

「APN」は「Access Point Name」の略で、携帯電話回線からインターネットなど他のネットワークへの接続窓口となる設定のことをさします。

1.「設定」をタップします
2.「一般」をタップします
3.「プロファイルとデバイス管理」をタップします

4.削除する他社の「構成プロファイル(APN)をタップします
5.「プロファイルを削除」をタップします
6.iPhoneの「パスコード」を入力します

7.「削除」をタップします
8.APN構成プロファイルが削除されたことを確認します

step
SIM開通手続き

次の手順で、SIMの開通手続き(発信テスト)を行います。

1.発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけます
2.ガイダンスを最後まで聞いて電話を切ります

じろう(次男)
Androidの場合は、アクセスポイントの設定が必要だけど、iPhoneはau ICカードを入れると自動的にアクセスポイントの設定が行われるから、設定の必要がないよ

 

povoの公式サイト

 

povoでiPhoneを使うときの注意事項は?

povoでiPhoneを利用するにあたっては次の点に気をつけましょう。

povoでiPhoneを使う時の注意事項

  • povoではiPhoneを販売していない
  • SIMロックを解除する必要がある
  • 「故障紛失サポート with AppleCare Services」は2021年夏までに移行した場合のみ
  • 5G対応は2021年夏から
いちろう(長男)
それぞれについて少し詳しく説明するね

povoではiPhoneを販売していない

povoは、iPhoneだけでなくAndroidスマホなど端末は一切販売していません。

そのため、povoを申し込む場合、端末は自分で用意する必要があります。

 

SIMロックを解除する必要がある

povoで使うiPhoneがauで購入したものやSIMフリーのiPhoneでない場合、SIMロックを解除する必要があります。

iPhoneのSIMロック解除は、My docomoやMy SoftBankなど契約しているキャリアのページから行なうことができます。

ショップでもやってもらえますが、手数料がかかります。

 

「故障紛失サポート with AppleCare Services」は2021年夏までに移行した場合のみ

「故障紛失サポート with AppleCare Services」は、auが提供しているオプションサービスで、加入すると、Apple公式の保証サービスAppleCare Servicesの製品保証を4年間に延長可能な他、紛失や盗難時に電話一本で新品同等品を受け取ることができる補償サービスです。

auからpovoに移行する場合、このサービスは2021年夏までにpovoに移行した場合のみ適用されます。

それ以降は、このサービスは継続して利用できないので注意が必要です。

 

5Gの提供は2021年夏から

iPhone12シリーズは、5Gに対応していますが、povoは2021年4月29日現在、5Gの提供はしていません。

5Gば提供されるのは2021年夏からの予定のため、現時点で、5G対応のスマホを持っていてもpovoでは5Gは使えません。

はなえ
povoで端末を売っていないのは乗り換えの人を対象に考えているからかしら?
iPhoneを新たに使いたくても自分で用意しなくちゃいけないのはちょっと面倒だね
いちろう(長男)

 

povoの特徴と他ブランドとの比較

povoは、2021年3月に発表されたauの新ブランドです。

同じ時期に、docomoやSoftbankからも、ahamoやLINEMOといった新ブランドが発表されています。

その概要は次のようになっています。

ahamo povo LINEMO
キャリア docomo au Softbank
月額料金(税込み) 2,970円 2,728円 2,728円
料金に含まれるもの ・データ容量:20GB
・国内通話:1回5分まで無料
・データ容量:20GB ・データ容量:20GB
・LINEのサービスがノーカウント
その他オプション ・データ容量追加:1GB 550円
・国内通話かけ放題オプション:1,100円/月
【トッピング】
・5分以内国内通話かけ放題:550円/月
・国内通話かけ放題:1,650/円
・データ使い放題24時間:220円/24時間
・データ容量追加:1GB 550円
・5分以内国内通話かけ放題:550円→1年間0円
・国内通話かけ放題:1,650円→1年間1,100円
・データ容量追加:1GB 550円
端末販売 あり なし なし
契約年齢 20歳以上 20歳以上 18歳以上

 

povoの特徴

上記の表をみると分かる通り、3つのブランドともデータ容量は20GB、料金もほぼ同じです。

ただ、それぞれ特徴があり、povoには次のような特徴があります。

povoの特徴

  • 自分の使い方に合わせてトッピングができる
  • データ使い放題24時間というトッピングがある
  • 今後トッピングが追加される可能性がある

povoの一番の特徴は、トッピングでしょう。

2021年4月現在、提供されているトッピングは4種類ですが、今後もトッピングは追加され、追加動画やSNSの使い放題のトッピングが提供されるという情報もあります。

現在、提供されている中で、povoならではの特徴的なトッピングが、「データ使い放題24時間」です。

このトッピングに申し込むと、申し込みから24時間データ通信が使い放題で容量が消費されないため、外出先で集中的にネット作業をしたい、動画を思い切り楽しみたい!といった時に重宝します。

これらのトッピングを自分の使い方に合わせて付けたりはずしたりできるので、自分だけのオリジナルのプランを作ることができます。

 

いちこ(長女)
「povo」という名前は、”新たな視点”を意味する「point of view」と”誕生と成長”を意味する「abovo」の一部を組み合わせた造語なんだって。かわいい名前だよね

 

povoの公式サイト

 

iPhoneを使うならmineoもおススメ

ここまでpovoでiPhoneを使うための方法や注意事項を説明してきましたが、iPhoneを使うなら格安SIMのmineoもおススメです。

その主な理由は次の3つです

mineoをおススメする理由

  • mineoでiPhoneの販売をしていること
  • 今使っているiPhoneがそのまま使えること
  • 複数回線・家族割引がある、データ通信量が分け合えるため料金が安くなる

格安SIMでは、iPhoneを扱っていないところが多く、扱っていてもiPhoneSEだけだったり中古の場合がほとんどです。

mineoは、2021年4月現在、最新のiPhone12の扱いはないものの、iPhone8、iPhoneX、iPhone11、iPhoneSEなど10機種を販売しています。

またmineoでは、au、docomo、Softbank の3回線を使えるため、それぞれのキャリアで使っていたiPhoneがそのまま使うことも可能です。

さらに、さまざまな割引やパケットギフトなどデータ通信量を分けあえるサービスもあるので、毎月の料金を安く抑えられます。

 

 

mineoとpovoの比較

mineoとpovoには次のような違いがあります。

povo mineo
回線 au au、docomo、Softbank
プラン データ容量20GB:2,728円 【デュアルタイプ(音声通話+データ通信)】
・1GB:1,298円
・5GB:1,518円
・10GB:1,958円
・20GB:2,178円
【シングルタイプ(データ通信のみ)】
・1GB:880円
・5GB:1,265円
・10GB:1,705円
・20GB:1,925円
オプション 【トッピング】
・5分以内国内通話かけ放題:550円/月
・国内通話かけ放題:1,650/円
・データ使い放題24時間:220円/24時間
・データ容量追加:1GB 550円
・mineo電話10分かけ放題:935円/月
・通話定額サービス:30分 924円/60分 1,848円
・パケットギフト/パケットシェア:無料
・メールアドレス:無料
契約年齢 20歳以上 18歳以上
端末販売 なし あり(iPhone、Android)
申し込み方法 WEB WEB、電話、店舗

上記の表を確認していただくとわかりますが、povoとmineoの違いは、端末の販売の有無だけはありません。

mineoの方がプランが多いため、自分に合わせたデータ容量を選択することができますし、3大キャリアの回線がすべて使えるため、どこの会社からでも乗り換えがスムーズに行えます。

povoは今後、魅力的なトッピングが増えていく可能性もありますが、iPhoneを利用するのにmineoはかなりおすすめの格安SIMといえます。

まとめ

Androidスマホのシェアが増えていますが、スッキリとした見た目とその利便性からiPhoneは変わらぬ人気があります。

新たに発表されたauの新ブランドpovoでもiPhoneは使えますし、eSIMにも対応していて、設定もむずかしくありません。

ただ、povoではiPhoneの購入ができないため、申し込みと同時に端末も購入したいと考えている人には少々不便でしょう。

mineoだったら契約時にiPhoneの購入も可能です。

povoは、キャリアと比較すると格安の新ブランドではありますが、キャリアだけでなく、格安SIMとも比較して自分に合うプランを選ぶことをおすすめします。

 

povoの公式サイト

家族のスマホ代をグッ!と安く(はなえのおススメ3選)

サポートが充実!初めての格安SIMでも安心のマイネオ

mineo(マイネオ)

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心!!

格安SIMに乗り換えたいけど、わからないことが多くて心配。という方には特におすすめ。
丁寧な設定ガイド、様々なサポートがあるので安心して使えます。

家族割・複数回線割などもあり家族で使う格安SIMとしてもおすすめ。

月額料金770円~非常にリーズナブルな格安SIM

1GB,3GB,6GB,10GBと利用量に合わせて選択可能!

2021年4月から新料金プランになり、さらに月額が安くなっています。

しかも端末の安さはダントツ!

格安スマホも1万円代の端末が多くありセット購入が魅力です。

家族に26歳以下の方がいれば家族全員が割引対象!

J:COM MOBILEは学割を行っている格安SIMの中でも、内容が充実しています。

対象年齢が26歳と社会人になった子ども学割が適用できて、割引期間も12ヶ月と長く、家族も対象になるので、子どもだけでなく家族での利用にもおすすめです。

「あんしんフィルター for J:COM」というオプションも無料で使用可能。

1GBのプランもあるので、月額1,078円(税込み)と低価格で利用できます。

-スマホのこと

© 2021 子どもスマホの選び方。安くて安全格安SIM|家族のスマホ代を安くする Powered by AFFINGER5