スマホのこと

iPhone12/miniは子供に持たせるメリットとは?SE2などとの比較は?

iPhoneが日本で初めて販売されてから2021年で13年。

iPhoneはシリーズを重ねて、累計販売台数は2020年度には20億台を超えようとしています。

そんなiPhoneの最新版iPhone12、iPhone12miniは、どんな特徴があるのでしょうか?

子どもに持たせるスマホとしてはどんなメリットがあるのでしょうか?

今回は、iPhone12を他のiPhoneと比較し、そのメリットを調べてみました。

 

iPhone12、iPhone12miniの概要と特徴は?

iPhone12には、次の4つの種類があります。

iPhone12 mini iPhone12 iPhone12 Pro iPhone12 Pro Max
画面サイズ 5.4インチ 6.1インチ 6.1インチ 6.7インチ
解像度 2,340 x 1,080ピクセル解像度、476ppi 2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppi 2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppi 2,778 x 1,284ピクセル解像度、458ppi
本体サイズ ・高さ131.5mm
・幅64.2mm
・厚さ7.4mm
・高さ146.7mm
・幅71.5mm
・厚さ7.4mm
・高さ146.7mm
・幅71.5mm
・厚さ7.4mm
・高さ160.8mm
・幅78.1mm
・厚さ7.4mm
重量 133g 162g 187 g 226 g
CPU A14 Bionic A14 Bionic A14 Bionic A14 Bionic
容量 64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
256GB
128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
カラーバリエーション ブラック、ホワイト、PRODUCT RED 、グリーン、ブルー、パープル ブラック、ホワイト、PRODUCT RED 、グリーン、ブルー、パープル シルバー、グラファイト、ゴールド、
パシフィックブルー
シルバー、グラファイト、ゴールド、
パシフィックブルー
本体デザイン・素材 Ceramic Shieldの前面
ガラスの背面、
アルミニウムを持ったデザイン
Ceramic Shieldの前面
ガラスの背面、
アルミニウムを持ったデザイン
Ceramic Shieldの前面
テクスチャードマットガラスの背面
ステンレススチールを持ったデザイン
Ceramic Shieldの前面
テクスチャードマットガラスの背面
ステンレススチールを持ったデザイン
連続再生時間 ・ビデオ再生:最大15時間
・ビデオ再生(ストリーミング):最大10時間
・オーディオ再生:最大50時間
・ビデオ再生:最大17時間
・ビデオ再生(ストリーミング):最大11時間
・オーディオ再生:最大65時間
・ビデオ再生:最大17時間
・ビデオ再生(ストリーミング):最大11時間
・オーディオ再生:最大65時間
・ビデオ再生:最大20時間
・ビデオ再生(ストリーミング):最大12時間
・オーディオ再生:最大80時間
5G対応
価格(AppleStore) 82,280円(税込)~ 94,380円(税込)~ 117,480円(税込)~ 129,580円(税込)~

(画像:AppleStoreより)

iPhone12の特徴の主なものは次の4つです。

iPhone12の特徴

  • iPhone12 MINIがある
  • 5Gに対応している
  • 「MagSafe」でワイヤレス充電が超最速で可能
  • スマホで最速のA14 Bionic搭載でパフォーマンスアップ
いちろう(長男)
この中で僕が一番気になるのは、やっぱり5G対応かな
私は、iPhone12miniが気になるわ。このサイズだったら子どもや女性も使いやすそうよ
はなえ

 

他のiPhoneとどこが違うの?

iPhone12は他のiPhoneとどんな点が異なるのでしょうか?

iPhone12、iPhone12miniとiPhone11、iPhoneSE(第2世代)を比較してみた結果が次の表です。

iPhone12 mini iPhone12 iPhone11 iPhoneSE(第2世代)
発売日 2020年11月30日 2020年10月23日 2019年9月20日 2020年4月24日
容量 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB/256GB
価格(AppleStore) ・82,280円(64GB)
・87,780円(128GB)
・99,880円(256GB)
・94,380円(64GB)
・99,880円(128GB)
・111,980円(256GB)
・71,280円(64GB)
・76,780円(128GB)
・88,880円(256GB)
・49,280円(64GB)
・54,780円(128GB)
・66,880円(256GB)
ディスプレイ  5.4インチ 6.1インチ 6.1インチ 4.7インチ
サイズ ・高さ:131.5mm
・幅 :64.2mm
・厚さ:7.4mm
・高さ:146.7 mm
・幅 :71.5 mm
・厚さ:7.4 mm
・高さ:150.9 mm
・幅 :75.7 mm
・厚さ:8.3 mm
・高さ:138.4 mm
・幅 :67.3 mm
・厚さ:7.3 mm
重さ 133g 162g 194g 148g
CPU A14 Bionicチップ A14 Bionicチップ A13 Bionicチップ A13 Bionicチップ
カラーバリエーション ・ブラック
・ホワイト
・PRODUCT RED
・グリーン
・ブルー
・パープル
・ブラック
・ホワイト
・PRODUCT RED
・グリーン
・ブルー
・パープル
・ブラック
・グリーン
・イエロー
・パープル
・PRODUCT RED
・ホワイト
・ブラック
・ホワイト
・PRODUCT RED
連続再生時間 ・ビデオ再生:最大15時間
・ビデオ再生(ストリーミング):最大10時間
・オーディオ再生:最大50時間
・ビデオ再生:最大17時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大11時間
・オーディオ再生:最大65時間
・ビデオ再生:最大17時間
・ビデオ再生(ストリーミング):最大10時間
・オーディオ再生:最大65時間
・ビデオ再生:最大13時間
・ビデオ再生(ストリーミング):最大8時間
・オーディオ再生:最大40時間
カメラ デュアル12MPカメラ(超広角、広角カメラ)
1200万画素
デュアル12MPカメラ(超広角、広角カメラ)
1200万画素
デュアル12MPカメラ(超広角と広角)
1200万画素
12MP広角カメラ
1200万画素
Touch ID
Face ID
防水・防塵性能など 防沫性能、耐水性能、防塵性能 防沫性能、耐水性能、防塵性能 防沫性能、耐水性能、防塵性能 防沫性能、耐水性能、防塵性能
5G対応
MagSafe対応

iPhone12とiPhone11はそれほど違いがないように見えるかもしれません。

でも、手にとってすぐに分かるのはその重さの違いです。

iPhone12は、iPhone11より30g以上軽いですし、iPhone miniは133gとその軽さに驚くでしょう。

また、CPUはスマホで最速のA14 Bionic搭載しているので、iPhone11より処理能力が高く、ストレスを感じることなく使用することができます。

さらに、MagSafeや5Gに対応している点も、iPhone12のおすすめポイントです。

 

MagSafeってなに?

MagSafeは、iPhoneの背面に搭載された磁石を使った新しいアクセサリー規格で、MagSafeを使うとワイヤレス充電器や保護ケースなどを磁石で固定して利用することができます。

いちこ(長女)
MagSafeって便利そうだね!使ってみたい!

 

iPhone12を子供に持たせるメリットは?

 

iPhone12の特徴や他のiPhoneとの違いを踏まえた上で、iPhone12を子どもに持たせるメリットを考えてみましょう。

iPhone12を子どもに持たせるメリットは次の点が挙げられます。

iPhone12のメリット

  • iPhone12 miniがある
  • miniは子どもの手にも持ちやすい
  • 軽い
  • 5Gが使える

まず挙げられるポイントは、iPhone12にはサイズの小さいminiがあることです。

iPhone12miniは、iPhone12と性能はほぼ同じで、サイズが小さく軽いので、子どもにも持ちやすく使いやすい機種といえます。

また、miniだけでなく、iPhone12は重量が他のiPhoneに比べて軽いので、その点もメリットでしょう。

そして、これからは「高速で大きな容量の通信ができる5Gの時代」ですから、これからスマホを持つなら5G対応がおすすめです。

iPhoneの中で5Gに対応しているのは、2021年5月現在、iPhone12だけです。

はなえ
iPhoneは、ペアレンタルコントロールも使えるからおすすめよ

 

iPhone12を利用可能な格安simは?

格安SIMでは、iPhoneの取り扱いをしていなかったり、取り扱いはあっても最新のiPhone12の販売をしていないところがほとんどです。

でも、次の格安SIMではiPhone12のセットで申し込みが可能です。

楽天モバイル

楽天モバイルは、インパクトのあるCMと1GBまで0円という料金で注目されています。

その楽天モバイルでも、2021年4月30日からiPhoneの販売が始まりました。

扱っているのは、iPhone12Pro Max、iPhone12Pro、iPhone12、iPhone12mini、iPhoneSE(第2世代)で、iPhone12シリーズは全て購入可能です。

iPhone12シリースの価格

  • iPhone12ProMAX…一括141,700円~(税込)/48回払い2,952円~(税込)
  • iPhone12Pro…一括127,395円~(税込)/48回払い2,654円~(税込)
  • iPhone12…一括101,176円~(税込)/48回払い2,107円~(税込)
  • iPhone12min…一括87,712円~(税込)/48回払い1,827円~(税込)

また、楽天モバイルの申し込みと同時にiPhoneを購入すると、15,000円相当のポイントが還元される「iPhone発売記念キャンペーン」(終了日未定)を行っています。

楽天モバイルは、料金プランは1つだけとシンプルで分かりやすく、1GBまでなら0円、どれだけ使っても3,278円という格安料金も魅力です。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

 

OCNモバイルone

NTTのグループ企業の一つであるNTTコミュニケーションズが運営する格安SIM「OCNモバイルONE」でも、iPhone12を扱っています。

新品ではなく中古のiPhoneですが、Apple認定の整備プロセスを経て品質保証された新品同様の製品で、Appleの製品保証(1年間)も付いているので安心です。

扱っているのはiPhone12とiPhone12miniで、価格は次のとおりです。

iPhone12とiPhone12miniの価格

  • iPhone12 64GB…93,390円(税込)
  • iPhone12 128GB…98,890円(税込)
  • iPhone12 256GB…110,990円(税込)
  • iPhone12mini64GB…81,290円(税込)
  • iPhone12mini128GB…86,790円(税込)
  • iPhone12mini256GB…98,890円(税込)

OCNモバイルoneの音声対応SIMの1GBコースは月770円と格安。3GBでも990円と1,000円以内で使えるので、かなり割安です。

さらに、容量シェアをすることもできるので、データ容量を無駄にすることもありません。

OCNモバイルone公式サイト

 

IIJmio

IIJmioは、格安SIMの中でも品質のよさと安定感が評判で、割高になりがちな通話料金も「みおふぉん」で安くなります。

そんなIIJmioでもiPhone12を扱っています。

新品ではなく「未使用品」ですが、デバイス本体は通常使用されておらず、キズや汚れなどがない非常に良質なものなので安心です。

いちろう(長男)
使用はしてないけど、初期化や動作チェックを目的とした利用はしている商品を「未使用品」というみたいだね

2021年5月8日現在、提供されているのは、iPhone12mini(64GB)とiPhone12(64GB)ですが、都度在庫状況が変わるのでIIJでiPhone12を購入する場合は在庫確認が必要です。

iPhone12とiPhone12miniの価格

  • iPhone12 64GB…一括払い92,950円/24回払い3,905円(税込)
  • iPhone12mini64GB…一括払い82,280円/24回払い3,432円(税込)

IIJmioは、音声通話SIMの料金が安く、2021年4月からスタートした新プランでは、2GBで858円、4GBで1,078円と以前のプランよりさらにお得になっていますし、データシェアやデータ繰越も可能なので、データ容量を無駄にすることもないでしょう。

IIJmio(みおふぉん)公式サイト

 

iPhoneSE2の方がコストパフォーマンスはいい?

ここまで最新のiPhone12について紹介してきましたが、コストパフォーマンスを考えるとiPhoneSE(第2世代)もおすすめです。

iPhoneSE(第2世代)の性能は、iPhone12にひけはとりませんが、価格は次のようにかなり手頃です。

iPhone12mini iPhone12 iPhoneSE(第2世代)
価格 ・82,280円(64GB)
・87,780円(128GB)
・99,880円(256GB)
・94,380円(64GB)
・99,880円(128GB)
・111,980円(256GB)
・49,280円(64GB)
・54,780円(128GB)
・66,880円(256GB)
発売日 2020年11月30日 2020年10月23日 2020年4月24日
はなえ
iPhoneSEはiPhone12miniと比べても、3万円くらい安いのね

発売日も半年早いだけなので、古い印象もありませんし、子どもが使うには価格が手頃のiPhoneSEもよいのではないでしょうか。

 

iPhoneSE2が買える格安SIMは?

iPhoneSEは、次の格安SIMで購入できます。

2021年5月8日現在

格安SIM iPhoneSE 64GB iPhoneSE 128GB iPhoneSE 256GB
mineo ・一括:51,480円
・分割(24カ月):2,145円/月
・一括:57,024円
・分割(24カ月):2,376円/月
・一括:69,168円
・分割(24カ月):2,882円/月
J:COM MOBILE ・一括:55,440円
・分割(24カ月):2,310円/月
・分割(36カ月):1,540円/月
・一括:63,360円
・分割(24カ月):2,640円/月
・分割(36カ月):1,760円/月
・一括:75,240円
・分割(24カ月):3,135円/月
・分割(36カ月):2,090円/月
楽天モバイル ・一括:55,170円
・分割(24カ月):2,298円/月
・分割(48カ月):1,149円/月
・一括:61,150円
・分割(24カ月):2,547円/月
・分割(48カ月):1,273円/月
・一括:75,115円
・分割(24カ月):3,129円/月
・分割(48カ月):1,564円/月
OCNモバイルone ・一括:48,070円 ・一括:53,460円 ・一括:65,670円
IIJ mio (未使用品)
・一括:43,780円
・分割(24カ月):1,837円
BIGLOBEモバイル ・一括:50,820円
・分割(24カ月):2,117円
・一括:56,496円
・分割(24カ月):2,354円
LIBMO ・一括:48,840円
・分割(24カ月):2,035円
じろう(次男)
格安SIMによっては、iPhoneSEの在庫数が少ないところがあるから、事前に確認した方がいいよ

 

iPhoneSE2を使うならこの格安SIMがおすすめ

iPhoneSEは、サイズも小さめで価格も手頃なので子どもが使うのにおすすめです。

また、iPhoneSEを使う場合は、次の格安SIMがおすすめです。

mineo

mineo(マイネオ)は、子どもたちが安心して使えると評判の格安SIMで、iPhoneSE 第2世代は64GB、128GB、256GBの3機種すべて購入が可能です。

また、iPhoneSE第2世代が購入できること以外に、mineoには次のような特徴があります。

mineoの特徴

  • 家族割引がある
  • パケットシェアができる
  • ジュニアパックがある

家族割引があるので、家族で利用するとお得ですし、余ったデータ量(パケット)をシェアできるので、パケットが無駄になりません。

また、デュアルタイプ(音声通話+データ通信)とシングルタイプ(データ通信のみ)の2つの基本プランからデータ容量を選び、そこにオプションを付加していくので、それぞれの使い方に合わせたプランを作り上げることができるのもmineoの特徴です。

申し込みはコチラ

マイネオ公式サイトへ

スマホ代が安くなる

 

J:COM MOBILE

J:COM MOBILEは、国内最大規模のケーブルテレビ事業会社であるJ:COMが提供している格安SIMです。

J:COMのケーブルテレビ提供エリアは限定されていますが、J:COM MOBILEはau回線を使っていて、全国どこでも利用することができ、iPhoneSE第2世代の3種類全て購入が可能です。

ただ、mineoに比べると端末代金が少々高いので、その点には注意しましょう。

iPhoneSE第2世代が購入できること以外に、J:COM MOBILEには次のような特徴があります。

J:COM MOBILEの特徴

  • 学割がある
  • あんしんフィルター for J:COMが無料
  • スタート割もある

格安SIMはもとの料金が安いので、学割をやっていない格安SIMも多いのですが、J:COM MOBILEには学割があり、利用者の中に26歳以下の人がいれば同居の家族も同様の割引を受けることができます。

また、1GBからの料金プランがあり、1,078円でずっと使えるのでデータ容量は少なくても料金を安く押さえたい人にもおすすめです。

家族もお得!

J:COM MOBILE公式サイトへ!

充実のサポート

 

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、インターネットプロバイダ大手のビッグローブ株式会社が運営する格安SIMで、エンタメフリーオプションやシェアSIMがあって、子ども用のスマホとしてもおすすめの格安SIMです。

iPhoneSEの取り扱いもしていて、セットで購入すると割安で端末を手に入れることも可能です。

ただ、2021年5月8日現在、iPhoneSEの256GBは扱っていないのでご注意ください。

BIGLOBEモバイルの特徴

  • エンタメフリーオプションがある
  • 家族割がある
  • シェアSIMがある

BIGLOBEモバイルには、エンタメフリーオプションがあって、YouTubeなどの対象21サービスの通信量が定額料金でノーカウントになります。

また、プランも豊富ですし、家族割りやシェアSIMもあるので、家族で使うのにもおすすめです。

BIGLOBEモバイル公式サイト

 

まとめ

最新のiPhone12シリーズは、CPUの性能アップ、5G搭載など魅力がたくさんあります。

また、子どもや女性も持ちやすいサイズのminiもあるので、新たにスマホを持ち始めたり、機種変更にもおすすめの機種です。

ただ、iPhone12は価格が高いこと、扱っている格安SIMが少ないのがネックになるかもしれません。

子ども用スマホにiPhoneを考えるなら、コストパフォーマンスのよいiPhoneSEもおすすめです。

iPhoneSE第2世代は、サイズが小さいこと、カメラの性能などを除けば、他のiPhoneと遜色なく、高性能なiPhoneが4万円~購入できるのが魅力です。

格安SIMでも購入が可能なので、安い料金プランと手頃な端末価格で毎月のスマホ代を抑えることができるでしょう。

 

家族のスマホ代をグッ!と安く(はなえのおススメ3選)

3GB月額990円(税込) シンプルなプランでわかりやすい!

LINEMO

LINEMO(ラインモ)はシンプルな料金体系なので初めての格安スマホでもわかりやすい!!

3GB990円(税込み) と 20GB2,728円(税込み)の2つのプランだけなので
利用用途に合わせて選びやすいのが特徴です。

しかもLINEギガノーカウントで、LINEのサービスを利用すれば、データ容量がカウントされないので無料通話も可能!

只今キャンペーン中で最大10,000円のPayPayボーナスがもらえます。

月額料金770円~非常にリーズナブルな格安SIM

1GB,3GB,6GB,10GBと利用量に合わせて選択可能!

2021年4月から新料金プランになり、さらに月額が安くなっています。

しかも端末の安さはダントツ!

格安スマホも1万円代の端末が多くありセット購入が魅力です。

サポートが充実!初めての格安SIMでも安心のマイネオ

mineo(マイネオ)

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心!!

格安SIMに乗り換えたいけど、わからないことが多くて心配。という方には特におすすめ。
丁寧な設定ガイド、様々なサポートがあるので安心して使えます。

家族割・複数回線割などもあり家族で使う格安SIMとしてもおすすめ。

-スマホのこと

© 2021 子どもスマホの選び方。安くて安全格安SIM|家族のスマホ代を安くする Powered by AFFINGER5