イオンモバイル

【子どものスマホ】機種選びに困ったらイオンモバイルがおススメ!

更新日:

子どもに持たせるスマホの機種選びに困ったら「イオンモバイル」を検討してみることをお勧めします。

格安SIMの会社はたくさんあり、家計に負担を心配しなくても済む安いプランも多く用意されています。

ただ、いざ契約をしよう!と思っても、格安SIMとセット販売されている端末の種類が少ない、あるいは思ったような端末がなくて決めらずにいる方も多いのではありませんか?

そこでお勧めしたいのが「イオンモバイル」です。

「イオンモバイル」は基本料金が安いだけではなく、格安SIMとセットで購入ができる端末の種類が多いので気に入ったものがない。という問題がきっと解決されると思いますよ!

家族で格安SIMに乗り換えるなら【イオンモバイル】

イオンモバイルは業界最安値のデータ料金と多彩な料金プランが魅力の格安SIMです。 子どもからおじいちゃん、おばあちゃんまで家族一緒に格安SIMに乗り換えるにも、とてもおすすめです。 家族みんなで乗り換 ...

続きを見る

格安SIMを使う為には端末はどうするの?

イオンモバイルの詳細を確認する前に、格安SIMを使う場合は端末をどうやって用意するのかを確認をしておきましょう。

格安SIMと言っていますが、そもそもSIMというのは通信をおこなうための小さなカードのことです。

格安SIMというのは、ドコモやau、ソフトバンクの大手キャリアと言われる携帯電話会社よりも安い料金で使用ができるSIMカードのことです。

りょうこ
格安SIMを提供してくれる通信業者のことをMVNOと言います。

格安SIMを利用する場合、白ロムあるいはSIMフリー端末を用意しなければいけません。

格安SIMを使うなら知っておきたい【SIMフリー】と【白ロム】

格安SIMを使うなら知っておいておきたい言葉に【SIMフリー】と【白ロム】というのがあります。 SIMフリーも白ロムも一緒じゃないの??って思っている方も多いようですが、この二つは違うものなんです。 ...

続きを見る

旦那
大手キャリアだとたくさんある端末の中から選んで購入することができたよね。
りょうこ
MVNOでも端末を販売していますが、大手キャリアよりも種類が少ないんだよね。

MVNOによっても異なりますが、格安SIMとセットで購入ができる端末の種類は10種類程度ということが多いです。

手元に余っている端末もないし、新たに購入しないといけないんだけど、気に入った端末がなくて決められなかった。という方も多いのではないでしょうか?

イオンモバイルは端末の種類が充実!

イオンモバイルは他のMVNOに比べると選べる端末の種類が豊富です。

りょうこ
2018年3月現在で、選べるスマホ・ガラケーの端末の種類は33種類もあるんです。

2018年3月現在

AQUOS SH-M04 26,784円 au/ドコモ
HUAWEI nova lite2 27,864円 ドコモ
ZenFone 4 Max 26,784円 au/ドコモ
AQUOS sense lite SH-M05 35,424円 au/ドコモ
HUAWEI Mate10 pro 96,984円 ドコモ
honor 9 58,104円 ドコモ
arrows M04 40,824円 au/ドコモ
HUAWEI P10 lite  32,378円 au/ドコモ
HUAWEI P10 65,664円 ドコモ
  HUAWEI P10 Plus 73,224円 ドコモ
  VAIO® Phone A VPA0511S 21,384円 ドコモ
Alcatel PIXI4  10,800円 ドコモ
  HUAWEI nova lite  23,544円 ドコモ
  arrows M03 32,184円 au/ドコモ
  ZTE BLADE E01 13,824円 ドコモ
ZTE BLADE V7LITE  19,224円 ドコモ
  Xperia™ J1 Compact  42,984円 ドコモ
  ZTE AXON 7 64,584円 ドコモ
  ZTE AXON 7 mini  42,984円 ドコモ
  HUAWEI Mate 9  65,664円 ドコモ
  ASUS ZenFone3 ZE520KL 37,584円 ドコモ
  モトローラ Moto G4 Plus 34,344円 ドコモ
  AQUOS SH-M02 21,384円 ドコモ
  KYOCERA S301  10,800円 ドコモ
  HUAWEI P9 42,984円 ドコモ
  VAIO® Phone  25,920円 ドコモ
  HUAWEI P9 lite 21,384円 ドコモ
  ASUS ZenFone3 Laser 30,024円 au/ドコモ
  ASUS ZenFone3 5.5 ZE552KL 46,224円 au/ドコモ
  ASUS ZenFone3 Max  21,384円 au/ドコモ
  HUAWEI nova 40,824円 au/ドコモ
  arrows M02  21,384円 au/ドコモ
  AQUOS SH-N01  25,920円 ドコモ
長男
すっごくたくさんあるんだね!!
りょうこ
他のMVNOでの取り扱いの少ないVAIOフォン、Xperia、AQUOS、モトローラがあるのも魅力だね!

富士通のarrows、中国のメーカーのASUSやHUAWEIは他のMVNOでも多く取り扱いがされていますが、他のMVNOでは取り扱いがほとんどないソニーのXperiaや東芝のAQUOS、京セラのS301もイオンモバイルでは取り扱いをしています。

これらはSIMフリー端末であり、ドコモなどの大手キャリアで販売されている端末に比べると機能面が劣ると言われていましたが最近ではとても性能も良くなっているのでどれを選んでも問題なく使うことがきますよ。

また、各端末によって使える機能や特徴などもちがってきますので、イオンモバイルのWEBサイトを確認したり、実際にイオンモバイルの店舗で端末を確認してくださいね。

りょうこ
身近なイオンだから、実際に端末を確認しにいけるのも魅力ですよね。

イオンモバイル 端末選びに困ったら?

イオンモバイルの端末は選べる数が多いので、端末選びにお勧めのポイントをいくつかご紹介をしておきたいと思います。

海外メーカーのほうが高品質?!

日本メーカーにこだわる方もいらっしゃいますが、スマホの端末は中国メーカーなど海外メーカーのほうが品質が高いものが多いです。

どこの国のメーカーかはこだわる必要はないでしょう。

子どものスマホなら値段重視でOKでは?

子ども用のスマホの端末なら、それほど高性能である必要はないと思います。

その場合、値段重視で決めてもよいのでは?と、思います。

あんまり安いのはすぐに使えなくなりそう・・・と気になるなら、20,000円~30,000円程度のものでよいと思います。

キッズモードが使いたいなら

ZenFoneには子ども用「キッズモード」が搭載されています。

特定のアプリしか使えない、特定の電話番号にしか発信できない等の制限を行うことができます。

フィルタリングと合わせてより子どもに安全な端末をと考えtいるならZenFoneもおすすめです。

 

中学生以上の子どもや大人の端末なら

中学生以上のお子さんや大人用の端末なら、必要な機能が備わっているかをチェックしましょう。

おさいふケータイが使えるかどうか

写真をたくさん撮るならカメラの画素数、RAM/ROMの容量が大きいものを選びましょう

動画をよく見るなら、画面サイズが大きいものなどもよいですね。

りょうこ
公式サイトの上の方に載っている端末がよく売れている端末らしいので、そこも目安にするとよさそうですね。

子ども用のスマホ イオンモバイルのお勧めプランは?

イオンモバイルの取り扱い端末の中に欲しい端末があれば、プランを選んで早速申し込みですね!

イオンモバイルには3つのプランがあります。

  • 音声プラン
  • データプラン
  • シェア音声プラン

090や080の電話番号が必要であれば、音声SIMプランを選びましょう。

子ども用のスマホだし、LINEの無料通話などが使えればいい。ということであれば、データSIMプランでOKです!

家族で格安SIMに乗り換えるなら【イオンモバイル】

イオンモバイルは業界最安値のデータ料金と多彩な料金プランが魅力の格安SIMです。 子どもからおじいちゃん、おばあちゃんまで家族一緒に格安SIMに乗り換えるにも、とてもおすすめです。 家族みんなで乗り換 ...

続きを見る

イオンモバイルのデータSIMプランなら月々480円から利用することができます。

データSIMプランでもIP電話を使えば固定電話と通話することもできますよ。

ただ、イオンモバイルの場合「050かけ放題」というサービスを利用することになり、月額1,500円必要になってしまいます。

IP電話は音声通話の回線ではなく、インターネット回線を利用した通話です。

他のMVNOの場合は基本料100円から利用できるところもありますので、データSIM+IP電話を考えているなら他のMVNOも要検討です!

IP電話を使うなら、マイネオならLalaCallが月々100円で使えます。

マイネオ使うなら使いたい!通話料がお得なIP通話アプリLaLa Call

マイネオを使うならIP通話アプリのLalaCallも使うことを強くお勧めします。 なぜなら、通話料がとてもお得だからです。 ドコモやauなどでは家族間の通話が無料になるサービスがありますが、マイネオを ...

続きを見る

050から始まる電話のこと知ってる?IP電話ってなんだろ?

一般的な携帯電話の番号って090や080から始まりますよね。 でも、たま~に050から始まる電話番号を見かけることはありませんか? 050から始まる電話番号はIP電話の電話番号です。 IP電話を使えば ...

続きを見る

りょうこ
保護者も一緒にイオンモバイルへ乗り換えるならシェアプランもお勧めです!
家族のスマホ代を劇的に安くする!イオンモバイルのシェア音声プラン

イオンモバイルにはシェア音声プランというプランがあります。 1人で最大5枚までSIMカードを利用することができ、契約をしたSIMカードでデータ量を分け合うことができる。というプランです。 このプランを ...

続きを見る

イオンモバイルのプラン選びと端末選びの注意点

イオンモバイルには3つのプランが音声プラン、データプラン、音声シェアプランがあります。

音声プラン・音声シェアプランはau回線とドコモ回線から選ぶことができますが、ドコモ回線を選ぶことをお勧めします。

 

イオンモバイルの端末はドコモ回線であれば全て使えます。また、ほとんどの格安SIMはドコモ回線のSIMを提供してくれていますのでイオンモバイルから他の格安SIMに乗り換えても端末をそのまま使うことができます。

子どものスマホ 端末種選びで迷っているならイオンモバイル

イオンモバイルは料金も安く、身近なイオンでサポートもしてもらえるので初めての格安SIMとしてはとてもおススメです。

格安SIMを使ってみようと思ったのに、今まで使っていた大手キャリアと違って選べる端末が少なすぎる!となかなか踏み切れなかった方、イオンモバイルは安くてサポートも厚く、端末の種類も多いので検討してみる価値はあるのではないでしょうか?

 

さらに、イオンモバイルは最低利用期間がないので解約違約金が必要ありません。

音声SIMプランでMNP転出をする場合には、180日以内の転出だと通常3,000円の転出手数料に対して8,000円となるので割高になってしまいますが、データSIMなら違約金が0円なので万一乗り換えたい!と思った場合も負担は少なくて済みますよね。

イオンモバイル契約前に 違約金・最低契約期間など解約に関することを知っておこう

イオンモバイルは業界屈指の料金で劇的にスマホ代を安くすることができます。 どんな格安SIMを使っている場合も言えることですが、使い勝手や家族の生活スタイルが変わったりすることで解約をする必要がでてくる ...

続きを見る

端末選びで悩んでいたなら、種類が豊富なイオンモバイルを是非のぞいてみてください。

家族のスマホ代を安く

家族のスマホ代を安くするならマイネオ

子どものスマホ代に頭を悩ませていませんか?

子どものスマホ代もマイネオを使えば安くなります。家族で乗り換えれば更にお得に!もちろんiPhoneだって安くなります。

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心です!

フィルタリングアプリが無料で使えるLINEモバイル

LINEモバイルの「LINEフリープラン」は月々500円から利用できるデータSIMです。

子どもに持たせつスマホに必須のフィルタリングアプリが無料で使えるのも大きな魅力です。

またLINEを使っている時はデータ通信量が減りません。

子どもに手軽に安く、安心して持たせられるのはLINEモバイルです!

-イオンモバイル

Copyright© 家族のスマホ代を安くする|マイネオならiPhoneだって安くなる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.