子どものスマホ代に困ってませんか?3人の子育て中の主婦が格安SIMを使ったスマホ代を安くする方法を解説します!

子どもスマホの選び方。安くて安全格安SIM|家族のスマホ代を安くする

イオンモバイル

家族のスマホ代を劇的に安くする!イオンモバイルのシェア音声プラン

イオンモバイルにはシェア音声プランというプランがあります。

1人で最大5枚までSIMカードを利用することができ、契約をしたSIMカードでデータ量を分け合うことができるプランです。

りょうこママ
このプランを上手に利用することで、家族のスマホ代をぐーんと安くすることも可能なんです。

とにかく家族のスマホ代を安く済ませたい!という方におススメ!!

イオンモバイルのシェア音声プランに早速ご紹介をします。

使いやすいイオンのスマホ

イオンモバイル公式サイトへ!

家族で使えば更にお得!

イオンモバイル

イオンモバイルのシェア音声プランがおススメの家族はこんな家族

家族でデータ量が分け合えるなら、シェアプラン!!魅力的ですよね。

りょうこママ
月々の料金が安くなるのですから使えるなら使いたい。

ただし、シェア音声プランがおススメできない家族もあります。

シェア音声プランがお勧めできない

  • 名義を分けて利用したい
  • SIMごとに使えるデータ量を決めたい

シェア音声プランがおススメできないのか、という理由を合わせながらイオンモバイルのシェア音声プランの詳細を見ていきましょう。

イオンモバイルのシェア音声プランの詳細

イオンモバイルのシェア音声プランは、シェア音声プランの契約者であれば最大4枚までデータSIMカードの追加ができるというプランです。

りょうこママ
つまり1つの契約で最大5枚のSIMカードを利用することができるんです。

利用できる高速データ量(シェアする高速データ量)によって、料金は異なりますが一番少ないデータ量で4GBプラン(1,780円)となります。

最大5枚SIMカードが使えて、全部で4GBで抑えることができたら、月々たった1,780円?!
いちろう(長男)
りょうこママ
それが違うの。追加するSIMカードのサイズや種類によって別途料金が必要になってくるよ。

シェア音声プラン 基本料以外に必要な月額料金は?

シェア音声プランには追加するSIMカードの枚数や種類によって追加料金が必要になります。

SIMカードを追加する時 SIMカード1枚につき初期費用3,000円

SIMカード1枚につき3,000円の初期費用が必要になります。SIMカードを4枚使いたい場合には合計12,000円の初期費用が必要です。

4枚目のSIMカードからは追加料金200円が必要

シェア音声プランでは、主となる音声通話SIM以外に追加ができるSIMカードは4枚です。主回線となる音声通話SIMを合わせると合計5枚。
追加するSIMカードが3枚以上(主回線と合わせて4枚以上)利用する場合には、4枚目・5枚目のSIMにそれぞれ追加利用料として200円必要になります。

SIMのタイプによって必要な料金

シェア音声プランで無料追加ができるSIMカードのタイプは「データSIM」です。

090の音声通話も利用したい場合には、音声通話SIMに変更するSIMごとに月々700円必要になります。データSIMにSMSをつけたい場合には月々140円必要になります。

格安SIMとは?スマホ代を安くするために『知っておきたい』こと

スマホ代を安くしたい!!けどわからない!! と、思っている方も多いですよね。 りょうこママ子どもにもスマホを持たせたいけど、スマホ代が払えるか心配。もっとスマホ代を安くしたい。と思っているかた必見です ...

SMSというのはショートメッセージサービスの略です。

090や080の電話番号を利用していると、電話番号宛ててに短いメッセージを送ることができますよね。あのサービスのことです。

データSIMは090などの電話番号は利用することができませんが、SMSをつけることで仮の電話番号(音声通話はできない)が割り振られることになりSMSの利用が可能になるのです。

仮の電話番号は実際に通話はできませんが、LINEの利用登録には使うことができます。

4人で使うには結局月々いくらになるんだろ?
いちろう(長男)
りょうこママ
4人家族の例をとって計算してみますね。

例えば下記の家族が一番安い料金プランである4GB(1,780円)を利用した場合を計算します。

  • 父 音声通話SIM
  • 母 音声通話SIM
  • 長男 音声通話SIM
  • 次男 SMS付きデータSIM

必要な費用は下記になります。

  • シェア音声プラン4GBの基本料金 1,780円
  • 母の音声通話SIMの追加料金 700円
  • 長男の音声通話SIMの追加料金 700円
  • 次男のSMS付きデータSIM追加料金 140円
  • 4枚目のSIMカード追加料金 200円

実際には3,520円は必要ということになります。

りょうこママ
追加料金が1800円ほど必要になってしまいますが、それでも家族4人で3,520円で済むなら安いですね!

使いやすいイオンのスマホ

イオンモバイル公式サイトへ!

家族で使えば更にお得!

イオンモバイル

イオンモバイルのシェア音声プラン 安いけどここに注意!

家族4人で3,000円~4,000円程度にスマホの通信料が収まるなら利用しない手はありませんね!!

ただ、注意点もありますので確認をしておきましょう。

データ量の振り分けができない

イオンモバイルのシェア音声プランではデータ量の振り分けはできません。

つまり、4GBあるなら、父500MB・母500MB・長男1.5GB・次男1.5GBというように高速データ量を振り分けることはできません。

4GBを4枚で使うなら大体1枚あたり1GBと考えることになります。

りょうこママ
一人がデータ量を使いすぎると、あっという間にデータ量が足りなくなってしまいます!高校生や中学生など外でスマホを使うことが多いお子さんがいる家庭の場合は注意が必要かもしれません!

同一の名義であること

シェア音声プランのSIMカードはすべて同一名義となります。

お父さんの名義でイオンモバイルを契約し、シェア音声プランを使ってお母さんのスマホもイオンモバイルに乗り換えるとします。

りょうこママ
電話番号の変更はできるだけ避けたいですよね。そのまま引き継ぐにはMNP転入をします。

MNP(マイナンバーポータビリティー)は携帯電話の会社間で携帯電話番号を引き継ぐことです。

MNPは同一名義の場合のみ可能です。

お母さんのスマホの名義がお母さんのものであれば、名義変更をしてからイオンモバイルに乗り換えなければいけません。

名義変更ができない格安SIMを利用していてイオンモバイルに乗り換えたい場合には、大手キャリアや名義変更ができる格安SIMに転出してからイオンモバイルに転入することになります。

りょうこママ
転出⇒転入時にMNP転出といって電話番号の引っ越し作業を行いますが、その時に名義が違うと引っ越し先で受け付けてもらえないんです。

データSIMはプラン1しか選べない

イオンモバイルのデータSIMにはプラン1とプラン2があります。

シェア音声プランで利用できるデータSIMはプラン1のみです。低速通信に制限が設けられています。

イオンモバイルのSIMタイプとは?タイプ1とタイプ2の違いとは?

サービスも充実しているし、月々の費用もとても安いのでお1人で使う場合も、子どものスマホとして考える場合も、家族みんなで使う場合にもおススメができる格安SIMです。 たくさんある格安SIMの中からどこを ...

イオンモバイルのシェア音声プランの契約時の確認

使用するデータ量が家族それぞれほぼ同じ、名義が同じでも問題なければイオンモバイルは月々の料金も安くお勧めです。

では、契約時やプランを変更したいときのことも合わせてチェックしておきましょう。

契約時の注意点

シェア音声プランを契約するときのチェックポイント

  • データプランからのシェア音声プランへは変更できない。
  • SIM1枚ごとに初期費用として3,000円必要である
  • ご契約即日お渡し店舗でしか契約ができない。

イオンモバイルのデータプランを利用していて、シェア音声プランに変更をしたい場合、一旦解約をして再契約をすることになります。

音声プランからシェア音声プランへの変更、シェア音声プランから音声プランへの変更は可能です。

また、インターネット経由での申し込みはできませんので、即日お渡し店舗を探して申し込みをすることになります。

イオンモバイル契約前に 違約金・最低契約期間など解約に関することを知っておこう

イオンモバイルは業界屈指の料金で劇的にスマホ代を安くすることができます。 どんな格安SIMを使っている場合も言えることですが、使い勝手や家族の生活スタイルが変わったりすることで解約をする必要がでてくる ...

イオンモバイルのシェア音声プランなら劇的に家族のスマホ代が安くなりそう!

イオンモバイルのシェア音声プランは、

  • 同一名義になる
  • データ量の配分を自分で決められない

というデメリットはありますが、そこが問題なければ家族で使うことでスマホの利用料金を劇的に安くすることができます!

りょうこママ
小学生・中学生くらいまでのお子さんのいるご家庭なら家族のスマホ代をかなり安くできますね。
子どもが高校生くらいだと、使うデータ量も増えそうだからデータ量の配分が決められないっていうのはちょっと厄介になるかもしれないね。それにイオンモバイルは名義変更ができないから高校卒業後に子どもの名義にするなら他の格安SIMに転出する必要がでてくるね。
いちろう(長男)

イオンモバイルのプランでは使用するデータ量が大きくなると、個別に契約をしたほうが割安になります。

1人あたり1ヶ月に1~3GB程度使うのであればシェア音声プランはかなり料金がお得になるのでイオンモバイルおすすめです。

使いやすいイオンのスマホ

イオンモバイル公式サイトへ!

家族で使えば更にお得!

イオンモバイル

家族のスマホ代を安く

フィルタリングアプリが無料で使えるLINEモバイル

LINEモバイルの「LINEフリープラン」は月々500円から利用できるデータSIMです。

子どもに持たせつスマホに必須のフィルタリングアプリが無料で使えるのも大きな魅力です。

またLINEを使っている時はデータ通信量が減りません。

サポートが充実!初めての格安SIMでも安心のマイネオ

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心!!

格安SIMに乗り換えたいけど、わからないことが多くて心配。という方には特におすすめ。
丁寧な設定ガイド、様々なサポートがあるので安心して使えます。

家族割・複数回線割などもあり家族で使う格安SIMとしてもおすすめ。

端末も安い!家族で持つならのに特におすすめOCNモバイルone

NTTコミュニケーションズの格安SIM。容量シェアプランを使えば1つの契約で5枚までSIMカードが使えます。

無料で使えるWi-Fiもあるから外出時もサクサク。

端末も他の格安SIMよりかなり安く購入できます。

-イオンモバイル

Copyright© 子どもスマホの選び方。安くて安全格安SIM|家族のスマホ代を安くする , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.