LIBMO

LIBMOの学生支援プランがすごい!ってホント?

LIBMO(リブモ)は、株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMです。

本社は静岡ですが、サービスは東海エリアだけでなく全国で、独特のプランも展開しています。その中には子供向けや親子向けのプランもあります。

そこで、今回はLIBMOを家族や子ども用のスマホとしておすすめする理由を說明しましょう。

 

じろう(次男)
LIBMOってあんまり聞いたことがないけど、子どもにおすすめのプランとかあるのかなぁ?

 

LIBMO公式サイト

 

LIBMOを子ども用スマホにおすすめの理由

LIBMOを子ども用のスマホにおすすめする理由は次のとおりです。

 

「学生応援プログラム」がある

LIBMOも子ども用スマホにおすすめする第一の理由は、学生に対する応援プログラムが充実していることです。

「学生応援プログラム」は、使用者が0歳~18歳の場合、利用料金が13ヶ月間、最大1,100円/月(税抜1,000円/月)割引きになるプログラムです。

条件は、音声通話機能付きSIM+データ通信プラン6GB/10GB/20GBのいずれかに新規に申し込むことなので、スマホを使い始める中高生の方におススメです。

また、他社の学割プランは、申込期間が限定されているものが多いですが、LIBMOの学生応援プログラムは、申込期間が設定されていないのも特徴です。

 

いちろう(長男)
学割って期限が決められているのが多けど、いつでも申し込めるっていいね!

 

18歳以上もお得な「学生支援30」がある

「学生支援30」は、10GBの価格(2,280円/)で30GBが使えるプランです。

「学生応援プログラム」は18歳までしか利用できませんが、「学生支援30」は25歳になるまでずっと利用可能です。

また、データSIM、音声通話機能付きSIMどちらも対象になっているので、使い方に応じてSIMを選ぶことができます。

 

いちこ(長女)
30GB使えたら、オンライン授業が続いても安心だね

 

親子シェアプラン「親子支援30」もある

さらにLIBMOには、親子でデータ容量をシェアできる「親子支援30」もあります。

「親子支援30」は、データ容量30GBをSIMカード2枚でシェアするプランです。

音声通話付きSIMとSMS機能付きSIMの場合は、25歳になるまで4,980円。

音声通話付きSIM2枚でも、月に5,680円で利用できるのでとてもお得です。

 

はなえ
子供と分けあえるシェアプランがあるのは嬉しいわ
これも25歳になるまで使えるんだね。大学生や社会人になっても使えるから子どもにとってもうれしいなぁ
いちろう(長男)

 

セキュリティ対策が可能

子ども用のスマホにフィルター機能をはじめとするセキュリティ対策は必須です。

LIBMOには、「TOKAI SAFE」というセキュリティサービスがあり、ウイルス対策はもちろん、位置情報サービス、ペアレンタルコントロール(保護者機能)で子ども使うアプリや閲覧するサイト、使用時間を設定することができます。

1ヶ月400円の利用料金がかかりますが、最大3ヶ月は無料、1ライセンスで6台まで使ええるので、家族全員のスマホやタブレットを守れます。

 

はなえ
TOKAI SAFEひとつで、フィルター機能や位置情報サービスが使えるから、便利で安心!

 

「端末購入サポートプログラム」で割引が受けられる

子ども用にスマホも新たに購入する場合、月額料金が思いのほか高くなってしまうこともあります。

LIBMOには「端末購入サポートプログラム」があり、契約と同時に端末をセットで購入した場合、データ通信月額利用料から毎月300円が最大24か月間 割り引きされます。

全ての機種が対象ではありませんが、2021年2月現在、人気のiPhone SEが割引対象ですから、お子さんも満足するのではないでしょうか。

 

LIBMOを見に行く

 

LIBMOの特徴は?

LIBMOが子どもや家族のスマホにおすすめの理由を說明してきましたが、LIBMO自体にはどのような特徴があるのでしょうか?

 

プランが豊富で低価格

LIBMOには、データ通信専用SIM、SMS機能付きSIM、音声通話機能付きSIMの3種類のSIMがあります。

また、それぞれのSIMに、ライトプラン・3GB・6GB・10GB・20GB・30GBの6種類のプランが用意されているので、使い方にあわせてSIMの種類と容量を選ぶことが可能です。

その上、データ通信専用SIMのライトプランは、480円と低価格。

必要なデータ容量を無駄なく低価格で使うことができます。

 

いちろう(長男)
たくさんプランがあるね~。
容量のプラン変更には料金がかからないから、使い方によって変更してもいいもね
いちこ(長女)

 

音声通話SIMがお得

LIBMOは、音声通話SIM対象の割引があります。

音声通話SIMは、他のSIMより割高なので、「LINEが使えれば音声通話機能は必要ないかも…」と悩む人もいるでしょう。

LIBMOの「音声サポートプログラム」では、音声通話機能付きSIMを新規で申し込むと最大6ヶ月間、月600円の割引を受けることができます。

 

はなえ
私のスマホには音声通話が必要だから割引があるのはありがたいわ!

 

夫婦やひとりでもお得な「ペア割30」がある

前の章で「学生支援30」と「親子支援30」を紹介しましたが、LIBMOには「ペア割30」というプランもあります。

「ペア割30」は、どちらかが学生である必要がなく、夫婦でもひとりでも申し込みが可能で、SIM2枚で30GBをシェアすることができます。

SIMの組み合わせは、「音声通話機能付きSIM2枚」「音声通話機能付きSIM1枚+SMS機能付きSIM1枚」のどちらかですが、全国のWi-Fiスポットが無料で使える「LIBMO Wi-Fi byエコネクト」の利用料も無料になり、SIMを別々に申し込む場合よりかなりお得です。

 

いちろう(長男)
おじいちゃんとおばあちゃんには、このプランがいいかも!

 

3ヶ月間無料お試しができる(2021年3月末申し込みまで)

LIBMOには、30GBプランを3ヶ月間無料でお試しできるサービスもあります。

お試し期間中にLIBMOの通信品質を試したり、自分が毎月使うデータ容量を確認することができるのでとても便利です。

お試し期間終了後は、そのまま30GBプランに加入するか、自分に合ったプランに変更することが可能です。

便利なサービスですが、申し込みは2021年3月末までなので、興味がある人は早めに申し込むことをおすすめします。

 

はなえ
3月で申し込み終わっちゃうのね。残念…。

 

iPhone SEが使える

iPhoneの扱いがない格安SIMが多い中、LIBMOでは、最新のiPhone SEを扱っています(2021年2月現在)。

もちろん、自分で使っていたiPhoneをそのまま使って乗り換えることも可能です。

ただ、SIMロックを解除する必要がある機種もあるので、事前に動作確認をしましょう。

 

いちろう(長男)
このサイトで端末の動作確認ができるよ

>>動作確認済み端末

 

LIBMOが他社と比べて子どもにおすすめの理由は?

LIBMOの特徴や子どもにおすすめの理由を說明してきましたが、他社と比べるとどうでしょうか?

次に、他社と比べて子どもにおすすめの理由を確認してみましょう。

学生への応援が手厚い

格安SIMは、もともとの料金を安く設定しているため、学割を行っている格安SIMは少なく、2021年2月現在、UQモバイルとY!モバイルだけです。この2社はそれぞれauとソフトバンクのサブブランドなので、純粋な格安SIMで学生向けの料金を設定しているのは、LIBMOだけとなります。

また、UQモバイルとY!モバイルの学割が18歳までが対象なのに対し、LIBMOの学生支援プランは24歳まで利用でき、学生への応援が手厚くなっています

【格安SIM各社の学割】

LIBMO
(学生応援プログラム)
LIBMO
(学生支援30)
UQモバイル
(UQ学割)
Y!mobile
(ワイモバ学割)
申し込み期間 期限なし 期限なし 2020年11月20日~2021年5月31日 ~2021年5月31日
(シンプルプラン開始は2021年2月18日~)
割引内容 音声通話機能付きSIM+データ通信プラン
・6GB2,180円→1,580円
・10GB2,980円→2,180円
・20GB4680円→3,680円
・データ通信専用SIM:5,880円→2,280円/月
・SMS機能付きSIM:6,020円→2,420円/月
・音声通話機能付きSIM:6,580円→2,980円/月
・くりこしプランS(3GB):1,480円→900円(8ヶ月)
・くりこしプランM(15GB):2,480円→1,480円(12ヶ月)
・くりこしプランL(25GB):3,480円→2,480円(12ヶ月)
・シンプルM(15GB):2,980円→1,980円(最大13ヶ月)
・シンプルL(25GB):3,780円→2,780円(最大13ヶ月)
その他(対象年齢など) ・0歳~18歳 ・~24歳 ・5歳~18歳以下
・家族も割引になる
・5歳~18歳以下
・家族割引サービス加入で
2回線目以降月500円引き(永年)
じろう(次男)
24歳まで割引対象になるのはLIBMOだけだね

 

 

シェアプランがある

LIBMOには、「親子支援30」や「ペア割30」といったシェアプランがあります。

他の格安SIMでもシェアプランはありますが、LIBMOも「親子支援30」は他社と比べても割安です。

LIBMO イオンモバイル OCNモバイルone
名称 親子支援30 シェア音声プラン データシェア
割引内容 データ容量30GBをSIMカード2枚でシェア
・音声通話付きSIM+SMS機能付きSIM: 4,980円
シェア音声プラン30GB 5,280円+SMS付きSIM140円=5,420円 音声対応SIM30GB 5,980円+SMS対応SIM 520円=6,500円
その他 ・子どもが25歳まで
・30GBのみ
・夫婦でもシェアできるペア割30もあり
4GB~50GBまですべての容量コースのシェアが可能 全てのコースでシェアが可能

 

いちこ(長女)
他の会社は全ての容量でシェアが可能だけど、LIBMOのプランは30GBだけだね。そこは要チェックかな…

 

機種が豊富でiPhoneも使える

LIBMOでは、第二世代のiPhone SEやiPhone7を扱っています(2021年2月現在)。

また、自分で使っているiPhoneをそのまま使うことも可能です。

アンドロイド端末のシェアが増えてはいますが、iPhoneは子どもたちの間でも相変わらず人気がありますし、OSのアップデートをすれば長く使えますから、LIBMOでもiPhoneが使えるのは嬉しいですね。

また、LIBMOでは、iPhone以外にもセットで購入できる機種も豊富に用意されています。

 

いちろう(長男)
次にLIBMOで人気の端末を紹介するよ

 

おすすめの機種

iPhoneSE 64GB

お手頃価格で高性能なiPhone

本体価格 43,200円(端末購入サポートプログラム適用後)
分割払い(24回) 1,800円/月(端末購入サポートプログラム適用後)

LIBMOでもダントツ人気の機種です。

台数限定販売のため、在庫が無くなり次第販売終了となります。気になる方は早めに購入をおすすめします。

 

AQUOS sense3 SH-M12

スマホ初心者にも最適!

本体価格 24,480円(端末購入サポートプログラム適用後)
分割払い(24回) 1,020円/月(端末購入サポートプログラム適用後)

「AQUOS Home」「AQUOSかんたんホーム」という機能があり、初めてスマートフォンを使用する方におすすめです。

防水・防塵機能もついています。

 

Zenfone Max M2[64GB]

安価ながら大容量バッテリーとAI搭載のカメラが魅力

本体価格 12,000円(端末購入サポートプログラム適用後)
分割払い(24回) 500円/月(端末購入サポートプログラム適用後)

大容量バッテリーを搭載しているので、充電を忘れがちなお子さんでも安心して使うことができます。

 

LIBMO公式サイト

 

 

おすすめのコースは?

LIBMOのおすすめコースは次のとおりです。

 

親子で使うなら「親子支援30

親子で使うなら「親子支援30」がおすすめです。

データ容量30GBをSIMカード2枚でシェアでき、音声通話付きSIM+SMS機能付きSIMの場合は4,980円です。

30GBあれば、親子で使っても十分でしょう。

また、25歳になるまで使えるので、子どもが大学生や社会人になっても割安で使い続けることが可能です。

はなえ
このプランの魅力は、子どもが25歳になるまで使えることね!

 

一人なら「学生応援プログラム」

一人で契約するなら、LIBMOの「学生応援プログラム」がおすすめです。

「学生応援プログラム」は、使用者が0歳~18歳の場合、利用料金が13ヶ月間、最大1,100円/月(税抜1,000円/月)割り引きになるプログラムです。

「学生支援30」や「親子支援30」のデータ容量が30GBなのに対して、「学生応援プログラム」は6GB/10GB/20GBから選ぶことができ、6GBの場合は1,580円と料金を抑えることができます。

割引期間は13ヶ月と限定されていますが、一人で契約するなら、データ容量を効率よく使える「学生支援プログラム」をおすすめします。

いちろう(長男)
僕は30GBも必要ないから、このプログラムの6GBがいいなぁ

 

こんな点には注意!

家族で利用するにはお得なLIBMOですが、次のようなデメリットもあります。

 

ドコモ回線プランのみ

LIBMOは、NTTドコモの回線を使っています。

そのため、auやソフトバンクで使っていた端末をそのまま使いたい場合は、SIMロックの解除が必要です。

また、auからの乗り換えの場合も機種によっては、SIMロックの解除が必要になることがあります。

じろう(次男)
SIMカードのことはここで詳しく說明しているよ
【白ロム】と【SIMフリー】格安SIMを使うなら知っておくべき端末のこと

格安SIMを使うなら、【白ロム】と【SIMフリー】ことを知っておきましょう。 いちろう(長男)携帯ショップを使っていると気にしなくてもいいんだけどね。 SIMフリーも白ロムも一緒じゃないの??って思っ ...

続きを見る

 

LINEの年齢認証とID検索ができない

LIBMOでは、他の格安SIMと同様、LINEの年齢認証とID検索ができません。

年齢認証とは、LINEからスマホを契約しているキャリアのデータにアクセスして契約情報を参照し、LINEアカウントの持ち主が18才以上であるかどうかを確認する仕組みのことです。

この仕組みが使えるのは、ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアと、Y!mobile、LINEモバイルだけで、LIBMOでは、年齢認証ができません。

年齢認証ができなくてもLINEは使うことができますが、年齢確認が必要な「ID検索」を行うことができません。

 

いちこ(長女)
ID検索できなくても友だち追加はできるから、私は気にしないけどね

 

キャリアメールが使えない

LIBMOでは、キャリアメールが使えません。

キャリアメールとは、ドコモ、au、ソフトバンクといった通信キャリアが提供するメールアドレスのことです。

子どもがスマホを使う場合は、キャリアメールが使えなくてもそれほど不便はないかもしれませんが、格安SIMのデメリットとして覚えておきましょう。

また、フリーメールを使うという方法もあります。

最近使えるフリーメールとしては、GmailやYahooメール、MicrosoftのフリーメールであるOutlook、iPhoneユーザーだったらicloudメールも使えます。

 

いちろう(長男)
LINEがあるから不便じゃないけど、就職活動を始めたらメールアドレス必要になるかもね

 

店舗が少ない

LIBMOはWEBだけでなく、店舗での申し込みも可能です。

ただ、店舗があるのは静岡県内だけで数も12店舗と少ないため、店舗に足を運べる人は限られます。

 

はなえ
店舗で対面で契約できると安心なのに、静岡県内にしか店舗がないのは残念・・・

 

LIBMOと契約した人の口コミ

LIBMOと契約した人の口コミを調べてみました。

 

TLCポイントが貯まるのが魅力です。SuicaやWAONに使えるので助かっています。あと、セキュリティサービスが一年無料で付いてくるのでちょっとお得でした。子供に持たせているんですがなにかと安心でした。しばらくはLIBMOで行こうと思います。

 

色々噂を聞いていたが回線速度は問題なく、ドコモ端末を持っていますがメインはLIBMOを使用しています。

端末も併せて購入すると初期設定が元々入っていて楽だと聞いていたがSIMがちゃんと入っていなく再設定したり面倒

結局電源を落とし再起動させて設定で問題解決しました

 

LIBMOの学割は学生にとって助かる。

(ネット調査)

 

LIBMO公式サイト

 




家族のスマホ代を安く

自治体が推奨するAI見守り機能搭載「TONEモバイル」

TONEモバイルのAI見守り機能「TONEファミリー」は東京都が推奨しています。

容量無制限で月額料金は1000円から

アフターサポートも充実しており、スマホ初心者におススメしたいMVNOです。

サポートが充実!初めての格安SIMでも安心のマイネオ

mineo(マイネオ)

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心!!

格安SIMに乗り換えたいけど、わからないことが多くて心配。という方には特におすすめ。
丁寧な設定ガイド、様々なサポートがあるので安心して使えます。

家族割・複数回線割などもあり家族で使う格安SIMとしてもおすすめ。

月額料金480円~ 子供パックもお得なイオンモバイル

イオンモバイル

業界最安値の月額料金480円~で使用可能

子供が安全に利用可能なアプリ11本が月々150円で利用可能な「子供パック」が便利

中高生には学割プランもおススメです。

-LIBMO

© 2021 子どもスマホの選び方。安くて安全格安SIM|家族のスマホ代を安くする Powered by AFFINGER5