格安SIMを使う

子ども用のスマホ マイネオ(mineo)とライン(LINE)モバイルどっちにする??

更新日:

格安SIMの中でも人気のマイネオ、そしてたった500円から利用ができフィルタリングソフトも無料で使えるラインモバイル。

どちらも通信速度・サービスともに満足度の高い格安SIMです。

家族のスマホを考えた時、家族みんなで格安SIMを使うパターンや子どもだけ格安SIMを使うというパターンもありますよね。

どちらの利用がいいのかな~?と思い比較をしていました。結果、子どもだけ格安SIMにするならラインモバイル、家族みんなで格安SIMにするならサポートが充実したマイネオが良いのでは?という結果になりましたよ。

スマホ代をお得にそして快適に使いたい。というかた是非ご覧ください。

スポンサーリンク




子どものスマホだけ格安SIMを使う(データ通信SIM)

子どものスマホだけ格安SIMを検討している場合、あるいは他の格安SIMを利用しているけど子ども用のスマホだけマイネオ又はラインモバイルを利用したいという場合を比較します。

  • データ通信SIMの場合
  • LINEができる(SMS付)
  • フィルタリング(i-フィルターを利用する)
  • 固定電話へ発信ができる。

上記の条件で比較をしてみました。(LINEモバイルのデータはIPフォンが使えないパターンで比較しています。)

LINEモバイルには、LINEフリープラン・コミュニケーションプラン・MUSIC+プランがありますが、一番基本プランであるLINEフリープランで比較をします。

データ通信SIMはIPフォンのアプリを利用しないと固定電話へ電話をかけることができません。

マイネオではLalaCall、LINEモバイルではLineOutを使う事を前提に比較してみました。

マイネオ

SMS フィルタリング 固定電話への通話 基本料金 合計
マイネオ Dプラン1GB
*500MBプランあり
 月120円 月350円 月額基本料100円(LalaCall) 800円 1,370円
マイネオ Aプラン1GB
*500MBプランあり
無料 月350円 月額基本料100円(LalaCall) 800円 1,250円
りょうこ
子どもだけ格安SIMを使うなら、マイネオの場合はAプランの方がお勧めです!

LINEモバイル (LINEフリープラン)

SMS フィルタリング 固定電話への通話 基本料金 合計
データ 1GB 無し 無料 LineOutは使えない 500円 500円
データ+SMS 1GB 基本料に含む 無料 無料(LineOut) 620円 620円

子どもだけデータ通信SIMを使う場合、LINEモバイルはマイネオと比較してもかなり安くなります。

LineOutは固定電話と通話ができるアプリですが、SMSが付いたSIMでなければ使うことができません。そのため、データのみのSIMを利用する場合他のIPフォンアプリが必要です。

また、データ+SMSを使用しLineOutを利用する場合もLineOutは基本料金がない代わりにコールクレジットというものを購入し、通話料を入金しておく必要があります。

LalaCallなどのIPフォンアプリと違い050からの電話番号を貰うことはできません。

ドコモなどにかけると非通知番号になってしまう場合もあるそうです。また、着信はできないようで発信専用となるようです。

りょうこ
子どもが使う格安SIMならLINEモバイルが断然お得です。

ラインモバイルがお得ですが、固定電話への発信ができるようにするためにはSMS機能を付けたほうが良いかもしれませんね。

データ通信SIMのデメリットは? 格安SIMのプラン選びで失敗しない

マイネオを初めとした格安SIMを選ぶときのポイントの1つに「安さ」がありますよね。 月々の使用料が安いに越したことはありませんっ!! そこで、一番安いプランにしたいんだけど・・・失敗だったぁ・・・。ま ...

続きを見る

050から始まる電話のこと知ってる?IP電話ってなんだろ?

一般的な携帯電話の番号って090や080から始まりますよね。 でも、たま~に050から始まる電話番号を見かけることはありませんか? 050から始まる電話番号はIP電話の電話番号です。 IP電話を使えば ...

続きを見る

LINEモバイルで利用ができる端末はSIMフリー端末かドコモで購入した端末のみです。auで購入した端末を使いたい場合にはマイネオのAプランにしましょう。LINEモバイルを使う場合は端末セットを購入することをお勧めします。

子どものスマホだけ格安SIMを使う(データ通信SIM+音声通話の場合)

データ通信SIMでもIPフォンアプリを使用すれば、固定電話へ電話をかけることはできます。

でも、LineOutだと着信ができない。というデメリットがあります。また、LalaCallもLineOutも緊急電話への発信はできません。

子どもに持たせるスマホであっても、通常の音声通話が使えるように。と考えるのであれば、音声通話付のプランを選ぶことになります。

マイネオ

フィルタリング 基本料金 合計
マイネオ Dプラン1GB
*500MBプランあり
月350円 1,500円 1,850円
マイネオ Aプラン1GB
*500MBプランあり
月350円 1,410円 1,760円
りょうこ
マイネオはAプランの方が安いのですが、iPhoneだとテザリングができないなどの注意点もあるので気を付けてくださいね。

ラインモバイル

フィルタリング 基本料金 合計
データ+SMS+音声通話 1GB フリープラン 無料 1,200円 1,200円

音声通話ありの場合もフィルタリングアプリが無料で使えるという点が大きく、LINEモバイルのほうが安くなります。

マイネオの場合、500MBのプランを選ぶとDプラン、Aプランそれぞれ100円安くなります。

家族で使う格安SIMならどっち?

ひとりで使う場合にはLINEモバイルの方が断然値段が安いのですが家族で使う場合にはマイネオ又はLINEモバイルどちらが良さそうなのか比較してみます。

家族は4人家族で下記のような契約をすると考えます。

  • データ通信SIM 1回線分
  • データ通信+音声通話 3回線分 うち1回線は子ども用
りょうこ
値段だけで考えると、LINEモバイルが3,000円以上安い結果になりました。

マイネオ  7,620円

SMS フィルタリング 固定電話への通話 複数回線割 基本料金 合計
マイネオ Aプラン1GB 無料 月350円 月額基本料100円(LalaCall) 50円 800円 1,200円
マイネオ Dプラン1GB 月350円 50円 1,500円 1,800円
マイネオ Dプラン1GB 50円 1,500円 1,450円
マイネオ Dプラン1GB 50円 1,500円 1,450円

ここでは1GBのプランで計算をしましたが、マイネオでは500MBのプランもあります。500MBで良い場合には各回線100円ずつ安くなります。

また、AプランにすることでDプラン料金1回線あたり90円ずつ安くなります。

LINEモバイル 4,220円

SMS フィルタリング 固定電話への通話 基本料金 合計
データ+SMS 1GB 基本料に含む 無料 月額基本料無料(着信専用) 620円 620円
データ+SMS+音声通話 1GB フリープラン 無料 1,200円 1,200円
データ+SMS+音声通話 1GB フリープラン 1,200円 1,200円
データ+SMS+音声通話 1GB フリープラン 1,200円 1,200円

マイネオとLINEモバイル 料金以外で比較

料金だけで考えると、1人だけ利用する場合も家族で利用する場合もLINEモバイルの方が安くなることが分かりました。

旦那
LINEモバイルはフィルタリングが無料というのは大きいよね。

LINEモバイルではフィルリングアプリであるi-フィルターが無料で使えるので、費用が少なくて済む子ども用の格安SIMとしてポイントが大きいですよね。

では、料金以外の面ではどんな違いがあるのかチェックしてみましょう。

SNS通信量のカウント

LINEモバイルではLINEで利用する通信量をカウントしません。

今回比較した以外のプランでは、LINE以外のSNSもカウントフリーになるプランもあります。

マイネオの場合、マイネオスイッチという機能を使うことで通信を低速通信に限定し、マイネオスイッチがオンの状態の時には通信量のカウントをしません。

りょうこ
LINEなどのSNSは、低速通信でもほぼ問題なく通信できますよ。
通信量を節約するぞ!マイネオスイッチを使えば通信量が減らない?!

スマホの通信量を節約するポイントの1つに「データ通信量」をどれだけ使わないか。ってことが挙げられます。 マイネオに限らず格安SIMを契約するときには、データ通信量を選んで契約します。ここでいうデータ通 ...

続きを見る

旦那
SNSの通信量としてはそれほど違いはなさそうだね

音声通話の料金

マイネオ、LINEモバイルどちらも音声通話は 20円/30秒です。

 

マイネオ の音声通話

マイネオには音声通話を良くする方のための嬉しいサービスが用意されています。

  • 5分かけ放題サービス 月額850円で5分以内の通話はかけ放題
  • 通話定額30 最大30分の通話が月額840円
  • 通話定額60 最大60分の通話が月額1,680円

他、マイネオではLalaCallというIPフォンが月額100円で利用ができます。

LalaCallは月額100円ですが、100円分の通話料込みなので実質無料です。またLalaCall同志の通話は無料・eo光電話との通話も無料になります。

マイネオで通話料を安くするにはどうする?

格安SIMに乗り換えた時、乗り換える際の最大のネックは「通話料」です。 普段080や090の番号を使った音声通話はあまり使わない。と言う場合は良いのですが、どうしても通話時間を減らすことができない場合 ...

続きを見る

LINEモバイルの音声通話

ラインモバイルには特に通話割引のサービスはありません。

LineOutを使うことで通話料を安くすることもできます。

  • 短い広告を見ることで、国内通話なら月3回まで無料で通話できる。(LineOutFreee)
  • 30日プランを使うことで最大30秒1円にすることも可能です。

LineOutを利用すると通話料を安くすることが可能ですが、プリペイド型のサービスなので先に料金を支払わなければいけません。

旦那
LINEの通話はちょと面倒な感じがするね
りょうこ
音声通話はマイネオの方がサービスが良さそうだね

パケットの繰り越しなど

マイネオ、LINEモバイルともに月々の基本料金には高速通信ができるデータ容量が含まれています。

スマホをどれくらいの頻度で使うのか、どんなものを見るのか、Wi-Fi環境があるのかないのかなので必要なデータ容量は変わってきますよね。

でも、毎月同じ量を使うわけではない。ということがほとんどですよね。だからパケットが繰り越しできたり追加できたりできるととても便利です。

マイネオのパケットに関するサービス

マイネオは使いきれなかった分のパケットは翌月まで繰り越すことができます。繰り越した月に使いきれなかった場合は消滅することになります。

無駄になるパケットが少なくて済むように

  • パケットシェア
  • パケットギフト
  • フリータンク

というサービスがあります。

パケットシェアは予め登録しておいたシェアメンバーで繰り越したパケットを均等に分けるサービスです。お父さん、お母さんは余がちだけど子どもは足りなくなることが多い。と言う場合はパケットシェアのメンバーとして登録をしておくと無駄がありません。

データ容量を分け合える!マイネオのパケットシェア

マイネオでは契約プランにより月々に使える高速通信のデータ容量が決まっています。 あまり使わなかった月があった場合は翌月に繰り越しされるのですが、さらにその翌月に繰り越すことはできません。つまり、使わな ...

続きを見る

パケットギフトは自分のパケットをプレゼントすることができるサービスです。名義が同じ回線同志では利用することができませんが、家族間で名義を分けて回線を契約することで利用することができます。

データ容量をプレゼント♪マイネオのパケットギフト

マイネオにはパケットギフトというサービスがあります。 名前の通り、パケット(データ通信の容量)をプレゼントすることができる機能です。自分のデータ容量を他の人に分けてあげたいときに活用できます。 マイネ ...

続きを見る

フリータンクはマイネオユーザーならマイネ王というコミュニティサイトに登録することで誰でも使うことができるサービスです。
消滅しそうなパケットをフリータンクに入れることで誰かに使ってもらうことができます。また、自分のパケットが足りない月にはフリータンクから引き出して使わせてもらうことができます。

マイネオならデータ容量の助け合いができる!フリータンクを活用しよう。

格安SIMを契約するときには、月々に使うことができる高速データ通信のデータ容量を決めますよね。 でも、どうしても足りない時やたくさん余ってしまっときに家族とか友達とかそんな関係を超えて、マイネオではデ ...

続きを見る

フリータンクの利用の上限も使い果たし、それでも足りない場合にはパケットを追加購入することもできます。

100MB 150円(税抜き)

りょうこ
フリーンタンクは他にはなにサービスです!

LINEモバイルのパケットに関するサービス

LINEモバイルではマイネオと同様に使いきれなかった分のパケットは翌月まで繰り越すことができます。繰り越した月に使いきれなかった場合は消滅することになります。

また、マイネオとパケットギフトと同じようにLINEモバイルを使っている友達にパケットをプレゼントすることもできます。

足りない場合には500MB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)の単位で追加購入も可能です。

りょうこ
無駄なくパケットを使いたい場合や足りない場合のサポートはマイネオの方が充実していますね。

ユーザーサポート

格安SIMを使う。ということに抵抗がある。と言う方、なかなか大手キャリアから乗り換えられない。というかたの多くは「使い方がわからなかったり、なにかあったらどうしよう」ということですよね。

マイネオ、LINEモバイル それぞれサポートはどうなっているのか比較をしてみます。

マイネオのサポート

マイネオにはマイネオショップの他サポート店が全国にあり、一部有料になりますが設定方法などをサポートしてくれます。

また、電話、チャット形式の質問の他、マイネオユーザー同士が教え合って問題を解決する「マイネ王」もあります。

 

電話は年中無休ですが、対応時間が9:00~21:00となっています。

 

チャット形式のサポートは契約前のサポートになります。mineoサイトの右下からチャットサポートを受けることができます。

特にマイネオ王はマイネオユーザーのコミュニティサイトなのでマイネオの良いところばかりではなく、悪いところも話題にあがったり、マイネオ以外のスマホアプリのことなども頻繁に話題に上がっていますので、スマホのこと全般の解決ができるというのも魅力です。

こういったコミュティであがった問題点はマイネオ側では解決ができるように改善されているようで、ユーザーの声を大切にしている格安SIMの会社だなぁ。と感じることができます。

マイネオはマイネオ契約前でも利用ができますので、マイネ王を覗いてみたい方、マイネオのことでわからないことがある方はユーザー登録をしてマイネ王を利用してみてください。

→ マイネオのユーザーコミュニティサイト マイネ王

格安SIMデビュー。マイネオ(mineo)ならサポート充実だから安心

大手キャリアから格安SIMに乗り換えて、スマホ代を抑えたいと思っている方は多いはずですよね。 でも、今までスマホのことは携帯電話ショップのお姉さんやお兄さんにお願いしっぱなしで自分ではほとんど設定をし ...

続きを見る

LINEモバイルのサポート

LINEモバイルでは電話、メール、チャットでのサポートがあります。電話とチャットは年中無休ですがオペレーター対応が10時~19時までとなっています。

 

マイネオとLINEモバイルどっちがにする?

マイネオとLINEモバイルの主な違いを比較してみました。

LINEモバイルはフィルタリングアプリが無料であり、月々の使用料が安いです。

LINEモバイルがお勧めな方

とにかく費用を安くしたい
端末を新規で購入予定またはドコモで購入した端末を使う
音声通話は殆ど使わない。SNSのヘビーユーザー

旦那
LINEモバイルはフィルタリングアプリが無料というのが大きいよね
りょうこ
そうだね、子どもに持たせるスマホにはフィルタリングを利用したいよね。

LINEモバイルは家族で使うスマホとしては料金ではマイネオに圧勝していると思います。

ただ、LINEモバイルの欠点としては

  • 音声通話の割引サービスがない
  • データ容量のプランが1GBからしかない

があげられます。小学生から高校生の子どもならLINEの無料通話などのアプリを使っての通話で十分かと思いますが、大人の場合は仕事の他、固定電話や他の携帯電話とのやり取りも必ず出てきます。

その点、090や080の音声通話の通話料金の割引サービスがマイネオにはありますので通話料が嵩む心配もありませんね。(申込必要)

また、データ容量が500MBのプランも用意されているので選ぶプランの幅が広いのもマイネオの魅力です。

マイネオがお勧めな方

auで購入した端末が使いたい
音声通話もわりとする
サポートが充実している方が良い

先にも紹介をしましたが、料金だけ考えるとLINEモバイルの方がお得です。

LINEモバイルはドコモ回線にしか対応していないので、ドコモで購入した端末を使う。あるいは、新規にSIMフリー端末を購入するならLINEモバイルでスマホ代をお得にすることができます。

料金は高くなってしまいますが、マイネオには他にはない格安SIMと思えないほどのサポート力も魅力です。マイネオのアンテナショップ、サポート店もどんどんと増えているので実際に困ったことがるから助けてもらいたい。という時にはかなり心強いです。

格安SIMへなかなかチェンジできない方の多くは、サポート面が心配というところが大きいと思いますのでその点マイネオは安心です。

利用ユーザーの満足度も高いのもサポートが充実しているというところも大きいのだと思います。また、マイネオは関西電力グループのケイオプティコムという会社が行う格安SIMサービスなので安心感もありますよね。

マイネオとLINEモバイルどちらも一長一短ありますが、初めての格安SIMならマイネオの方が安心なのではないかな?と思います。

LINEモバイルには今回比較をしたプランの他に、LINEミュージックのセットになったプランなどもありますのでLINEのヘビーユーザーの方はさらにお得になるかもしれませんね。

LINEモバイルは2016年9月からサービスを開始したばかりなのでこれからのユーザーサポートなどが充実することに期待したいところですね。


マイネオの公式サイトはこちら







家族のスマホ代を安く

家族のスマホ代を安くするならマイネオ

子どものスマホ代に頭を悩ませていませんか?

子どものスマホ代もマイネオを使えば安くなります。家族で乗り換えれば更にお得に!もちろんiPhoneだって安くなります。

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心です!

フィルタリングアプリが無料で使えるLINEモバイル

LINEモバイルの「LINEフリープラン」は月々500円から利用できるデータSIMです。

子どもに持たせつスマホに必須のフィルタリングアプリが無料で使えるのも大きな魅力です。

またLINEを使っている時はデータ通信量が減りません。

子どもに手軽に安く、安心して持たせられるのはLINEモバイルです!

-格安SIMを使う
-

Copyright© 家族のスマホ代を安くする|マイネオならiPhoneだって安くなる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.