格安SIMを使う

マイネオユーザーのiPhoneの保証を考える。AppleCareには入るべき?

更新日:

iPhoneに限らずスマートフォンって値段が高いので、落してしまったり水没して使えなくなったりするとかなりショックが大きいですよね・・。

そこで皆さんが考えるのが「端末保証サービス」です。

大手キャリアのドコモやau、ソフトバンクなどで端末を購入した場合には各会社のサービスに加入することができますし、AppleStoreでiPhoneを購入すればAppleCareに入ることで長期の保証を受けることができるようになります。

マイネオではマイネオで購入をした端末はもちろんですが、持込み端末の保証もしてくれる「持込み端末保証サービス」があります。

持ち込み端末もOK!マイネオの端末保証サービス

スマートフォンの端末は値段も高いので、もしも故障してしまった時、壊してしまった時の出費が心配という方は多いのではないでしょうか? 特にiPhoneなどの値段の高い端末を利用している場合、大手キャリアな ...

続きを見る

特にiPhoneは他のスマートフォンよりも値段が高いので保証サービスを検討される方が多いようですよね。

そこで、マイネオでiPhoneを利用する場合、どの保証サービスに入るべきなのか?!を検討してみました。結果、マイネオの持込み端末保証サービスでもなく、AppleCareでもなく、「モバイルの保険」が一番しっかりケアしてくれることが分かりました。

iPhoneの保証サービスを比較する

マイネオユーザーがiPhoneの保証サービスを検討する場合

  • AppleCare
  • マイネオの持込み端末保証サービス

になりますが、上記の2つよりも「モバイルの保険」の方がより手厚い保証をしてくれます。ここでは、

  • AppleCare
  • マイネオの持込み端末保証サービス
  • SBIマネープラザのモバイルの保険

この3つのうち、どれがおススメなの比べてみます。

りょうこ
人それぞれどこを重視するか違ってきますので、どの保証サービスにするか迷っている方の参考になればと思います!

購入したのはいつ?入れる保証サービスはあるの?

今回3つの保証サービスを比べていますが、保証したい端末がいつ買ったか、どれを買ったかによっては入れないサービスもあります。

AppleCare 新規購入時 または新規購入時から30日以内
持込み端末保証サービス 保証可能端末であれば購入時期は問わない
モバイルの保険 新規取得から 1 年未満 中古であっても3ヶ月以上であり日本国内に法人があるメーカーのものならOK

新しい端末を購入して30日以内ならどの保証でも加入できますね。

購入から1年以上経過をしている場合には、持込み端末保証サービスに入ることができます。

りょうこ
新規購入時に加入する以外は端末の買い替えまでどれくらいを考えているかによって、保証サービスが必要かどうかも検討しても良いかもしれませんね。

3つの保証サービスを比較してみる

端末の購入時期にによって加入ができないサービスもありますが、iPhoneを購入してから30日以内であると考えて3つ保証サービスを比べてみたいと思います。

料金や保障期間、免責期間を確認する

まず、料金・保証期間・免責期間などを比較してみます。

AppleCare 持込み端末保証サービス モバイルの保険
料金 2年14,800円(税抜き)
月々 約617円
月々500円(税抜き) 月々700円
保証台数 1台 1台 3台まで
保障(契約)期間 2年 端末による。
iPhone7の場合 2019年12月末まで
1年毎の契約。どれだけ古くなっても更新可能
免責期間 ーーー 課金開始から1か月間 副端末(2台目・3台目)に対象機器を追加するときのみ30日間

AppleCareは1年間のメーカー保証を2年間に延長し、端末の修理費用時の負担額も減らすというサービスです。そのため、期間が2年間になります。

モバイルの保険は、主端末1台に加えWi-Fi や Bluetooth などの無線でつながる機器で新規購入から1年以内のもの(中古であれば保障が3ケ月以上)を2台、合計3台まで保障されます。

りょうこ
モバイルの保険は月々700円で3台まで保障されるので、家族のスマホ保険と考えた場合には一番お得ですね。

保証内容

保証サービスといっても、修理をするときには費用を負担しなければいけない。修理回数に上限があるなど違いがあります。

AppleCare 持込み端末保証サービス モバイルの保険
盗難・紛失の保証 ナシ ナシ あり(盗難のみ)
修理時の負担金 画面の損傷1回につき3,400円(税別)
そのほかの損傷1回につき11,800円(税別)
修理2回目まで無料 3回目以降実費

交換1回目5,000円(税別)
交換2回目8,000円(税別)3回目以降実費

1年間10万円までなら修理無料
旦那
モバイルの保険は修理代の負担がないんだね
りょうこ
そうなの!年間10万円以内なら修理代が保証されるんだよ

モバイルの保険ってどうなの?

SBIマネープラザのモバイルの保険は他の保証サービスに比べると修理時の負担がなく、しかも3台まで保証がされるのでかなりお勧めです。(3台で年間10万円が限度)

ただ、AppleCareや持込み端末保証サービスと比べて修理時の”手間”はかかってしまうかもしれません。

AppleCareや持込み端末保証サービスの場合、Appleやマイネオに修理を委託することになりますが、モバイルの保険の場合は自分で修理先を選ぶことになります。

旦那
修理代を払って保険金をあとからもらうってことだよね?

りょうこ
そうそう、保険金は1週間以内には振り込まれるから安心だよ。

修理先を選べるメリット

修理先を自分で選べるって、ちょっと面倒かも。と思ってしまうかも知れませんが、メリットもあります。

年間通算10万円以内なら修理代金を気にしなくても良いということです。

メーカーや携帯ショップはもちろん修理専門店など、自由に選ぶことができるので、早く対応してほしい。iPhoneはAppleで修理したい!などの希望がその通りにできるんです。

iPhoneだけじゃない、色々な端末を保証対象にできる

モバイルの保険のスゴイところは1つの契約で3台まで保証の対象とできるところです。

iPhoneだけでなく、Android端末はもちろん、タブレット、パソコン、携帯ゲーム機などWi-FiやBluetoothに接続ができるものであれば保証の対象にすることができます。

AppleCare、マイネオの持込み端末保証サービスと比べると、月々の費用が若干高いモバイルの保険ですが、保証台数を考えるとかなりお得であることがわかりますよね。

iPhoneの保証サービスを考える

iPhoneを購入した時など検討をする方が多い保証サービスを比較してみました。

でも、まず考えたいのはその保証が必要かどうかですよね?

多くの方が約2年でスマートフォンの端末を買い替えるようです。その2年間のもしものことがどれくらい起こる可能性があるのか。ということも考えてみると良いかもしれません。

りょうこ
iPhoneを壊してしまったら、安いAndroid端末で我慢するっていう選択肢もあります。

AppleCare、持込み端末保証サービスを利用したとしても、修理代が無料になる訳ではありません。月々の保証料の他に修理費用を負担しなければいけないということも要チェックです。

ちなみに、iPhoneの画面の損傷の修理代はAppleCareに入っていなかった場合は11,800 円です。

AppleCareに入っていたとしても3,400円は負担しなければいけません。

 

いろいろなところを検討してみて、モバイルの保険が一番お得なのかな?と感じました。

スマートフォンの保険を検討している方はモバイルの保険も検討してみてくださいね。







家族のスマホ代を安く

家族のスマホ代を安くするならマイネオ

子どものスマホ代に頭を悩ませていませんか?

子どものスマホ代もマイネオを使えば安くなります。家族で乗り換えれば更にお得に!もちろんiPhoneだって安くなります。

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心です!

フィルタリングアプリが無料で使えるLINEモバイル

LINEモバイルの「LINEフリープラン」は月々500円から利用できるデータSIMです。

子どもに持たせつスマホに必須のフィルタリングアプリが無料で使えるのも大きな魅力です。

またLINEを使っている時はデータ通信量が減りません。

子どもに手軽に安く、安心して持たせられるのはLINEモバイルです!

-格安SIMを使う

Copyright© 家族のスマホ代を安くする|子どものスマホ代は安くなる! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.