格安SIMを使う

こんなはずじゃなかった!格安SIMのデメリットを確認しよう。

更新日:

使用料がとても割安な格安SIMですが、安い裏にはやはりデメリットがあります。

でも、多くの人にとっては安さがデメリットをカバーしてくれることが多いのですが、場合によっては

『安いからと言って格安SIMに変更したはいいけど、思ってたのと違う。』
『こんなことなら乗り換えるんじゃなかった!!』

と感じる場合もあるかもしれません。

デメリットを確認をして納得して乗り換えてをしてください。

スポンサーリンク




格安SIM通信速度が遅くなる

格安SIMを提供してくれているMVNOはドコモ・auといった大手キャリアの通信回線を借りています。

通信スピードにおいては大手キャリアに比べるとそのスピードは劣ってしまいます。

時間帯によってはとても遅くなったりします。

りょうこ
常にサクサクと動かないとダメ。ということであれば格安SIMはおススメができません。

格安SIMはキャリアメールが使えない

ドコモやソフトバンク、auなどの大手キャリアを利用している場合、@docomo.ne.jp @ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpといったメールアドレスを利用することができます。

でも、格安SIMは基本的にはキャリアメールはありません。

そのためスマホで使えるメールアドレスを別途用意しないといけません。

りょうこ
GmailやiCloudメールなら無料で作れるしキャリアメールがなくても問題ないですよ。むしろパソコンとスマホと両方から使えるから便利です。

マイネオのここがおススメ!

メールアドレスが提供されていないことが多い格安SIMですが、マイネオでは@mine.jpというマイネオメールを利用することができます。
マイネオメールってなに?マイネオで使える無料メール

格安SIM・格安スマホへの乗り換えのデメリットの1つに「キャリアメールが使えない」ということが挙げられます。 キャリアメールとは、@docomo.ne.jp や @ezweb.ne.jpという携帯電話 ...

続きを見る

Googleアカウントを作る

Gmailを利用するにはGoogleのアカウントを作成することになります。

Googleアカウントは日本では13歳以上でないと作ることができません。Googleヘルプ参照

長男
Googleアカウントがないとアプリのダウンロードとかできないよね??

Androidスマホの場合はアプリのダウンロードはGooglePlayというサービスからダウンロードすることになります。

Googleアカウントがないとダウンロードができないということになってしまいます。

 

そのため、Gmailを使わない場合でもAndroid端末を利用する場合はGoogleアカウントは取得をしておきましょう。13歳未満の子どもに持たせるスマホ用のアカウントであれば、親の名義でGoogleアカウントを取っておきましょう。

Googleアカウントを親が管理することで、ペアレンタルコントロールが利用出来たり、アプリ内の課金を制限できるようになります。

AppleIDを作る

iCloudメールを利用する場合にはiCloudIDが必要です。iCloudはAppleが提供するクラウドサービスのことです。(クラウドサービスとはインターネットを使ったサービスのことで、写真データの保管などがあります。)

iCloudメールはiCoudのサービスの1つです。

 

iCloudサービスを利用する場合にはAppleIDが必要ですが、AppleIDは13歳未満の子どもは基本的に作成することができません。

ただし、ファミリー共有からであれば子ども用のAppleIDを作ることができます。

iPhoneを利用する場合は、AppleIDを作成しなければアプリのダウンロードのためのAppStoreも利用できませんので、iCloudを使わない場合でもAppleIDは必要です。

一般的な格安SIMを提供するMVNOは独自のメールアドレスがないのですが、マイネオでは1回線につき1つまで@mineo.jpというアドレスが使えます。

フリーメールは使わせたくない。という場合には@mineo.jpのメールを使っても良いですね。

りょうこ
他のMVNOに乗り換えることもある。と想定するとメールアドレスを変えなくても良いGmailやiCloudメールの利用がお勧めですよ。

スポンサーリンク




通話を沢山する場合は、通話料が高くなる。

ドコモの場合、一般電話への通話料は30秒で10円です。

それに対し、マイネオの場合は30秒で20円です。

長男
マイネオの通話料めっちゃ高くない?!

通話が多い場合にはドコモなどの大手キャリアを利用したほうが安くなることもあります

りょうこ
安く電話をする方法もあるんですよ。

 

通話の時間が多いならIP電話を使うと通話料を抑えることができます。

IP電話とは一般的な電話回線を利用した通話ではなく、インターネット回線を利用した電話のことです。電話番号は090や080といった一般的な携帯電話で使われる番号ではなく、050から始まる番号を利用することになります。

マイネオユーザーの場合、LaLa Callを使うのがお勧めです。

一般電話への通話は3分8円です。Llacall同士の通話は無料です。

マイネオを含め格安SIMのほとんどは家族通話無料という制度がありません。ですが、LaLa Callを活用すれば家族間の電話代も不要になります。

りょうこ
IP電話を使う場合はIP電話の電話番号を新たに利用することになります。予めよく電話を掛ける先にはIP電話の番号をお知らせしておきたいですね。

IP電話は110番や119番への通報はかけられません。

090や080は受信専用&万が一の緊急用の電話番号としておくと通話料の負担が少なくて済みますよ。

マイネオ使うなら使いたい!通話料がお得なIP通話アプリLaLa Call

マイネオを使うならIP通話アプリのLalaCallも使うことを強くお勧めします。 なぜなら、通話料がとてもお得だからです。 ドコモやauなどでは家族間の通話が無料になるサービスがありますが、マイネオを ...

続きを見る

また、マイネオには1ヶ月30分以内の通話なら月定額980円、60分以内なら月定額1,680円というオプションもあります。

5分かけ放題というサービスもあるので、1回の通話時間が短く何度もかける場合はコチラもお勧めです。

格安SIMでも通話料が安い!マイネオの音声通話の定額サービスとは?

格安SIMのデメリットの1つに090の電話番号を使った音声通話の通話料が高い。ということがあります。 でも、マイネオには音声通話を安くすることができるオプションがあるんです。 格安SIMにしたいけど、 ...

続きを見る

データの引っ越しを自分でしないといけない

大手キャリアで機種変更などした場合は、お店の人が電話帳などのデータを新しい端末に移してくれましたが、格安SIMを利用する場合は自分でデータの引っ越しをすることになります。

また、使い始めの初期設定なども自分で行います。

りょうこ
マイネオでは全国のサポート店でサポートしてくれるので、初期設定や電話帳の移行(有料)に不安がある場合でも大丈夫ですよ。

メリットばっかりではない格安SIMでも問題ナシ♪

格安SIMの代表的なデメリットをご紹介しました。

やっぱり格安SIMじゃないほうがいいんじゃないかな・・と思うところもありますよね。

でも、これらのデメリットをクリアできれば月々のスマホ代が劇的に安くなるんです。

 

家族のスマホ代は1万円以内を目指しませんか?

格安SIMでは通常1年以内に解約すると違約金が発生する場合が多いのですがマイネオはすぐに解約しても違約金が不要です。番号の転出をする場合などは費用が掛かってしまいますが、期間に縛りがないのも嬉しいですね。

公式サイトで詳細を確認

マイネオの公式サイトはこちら







家族のスマホ代を安く

家族のスマホ代を安くするならマイネオ

子どものスマホ代に頭を悩ませていませんか?

子どものスマホ代もマイネオを使えば安くなります。家族で乗り換えれば更にお得に!もちろんiPhoneだって安くなります。

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心です!

フィルタリングアプリが無料で使えるLINEモバイル

LINEモバイルの「LINEフリープラン」は月々500円から利用できるデータSIMです。

子どもに持たせつスマホに必須のフィルタリングアプリが無料で使えるのも大きな魅力です。

またLINEを使っている時はデータ通信量が減りません。

子どもに手軽に安く、安心して持たせられるのはLINEモバイルです!

-格安SIMを使う

Copyright© 家族のスマホ代を安くする|マイネオならiPhoneだって安くなる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.