格安SIMを使う

データ通信SIMのデメリットは? 格安SIMのプラン選びで失敗しない

更新日:

マイネオを初めとした格安SIMを選ぶときのポイントの1つに「安さ」がありますよね。

月々の使用料が安いに越したことはありませんっ!!

そこで、一番安いプランにしたいんだけど・・・失敗だったぁ・・・。またプラン変更で手数料が必要になっちゃうよぉ・・。という事が無いように、一番安いプランのSIMであるデータ通信SIMのメリットとデメリットをチェックしておきましょう。

データ通信SIMとは?

格安SIMの料金表をみと、値段の差があることがわかります。

主な違いは音声通話ができるかできないか。が値段の差となっています。

マイネオの場合

LINEモバイル(LINEフリープラン)の場合

 

データ通信SIMとはデータの通信だけができるSIMカードのことです。

これに音声通話がプラスされているSIMは音声専用の回線を利用することができるので、利用料金が高くなっているのです。

音声通話はいる?いらない?

格安SIMのプランを決める時に考えたいのは「音声通話」がいるかいらないかです。

データ通信SIMを選んだ際に大きなデメリットとなるのが、「固定電話との通話・音声通話ができない」ということです。

音声通話と言うのは、090や080などの一般的に携帯電話で使われている電話番号です。最近では、LINEやSkypeなどの無料通話を利用する方も多いため090や080の電話番号をほとんど使わないという事も多いのではないでしょうか?

音声通話が必要

月々の料金は高くなるけど、音声通話が必要であることも多いでしょう。

りょうこ
私もほとんど音声通話は使いませんが、音声通話ができるプランを利用しています。

私の場合、職場との連絡、子どものが学校や幼稚園の緊急連絡先として携帯電話の音声通話番号(090・080)を登録しています。

また、何かあった時の緊急電話がかけられない。というのは大きなデメリットになると考えて大人が利用するスマホは音声通話は必須と考えています。

旦那
もしもの時にすぐに救急車やパトカーを呼べるというのは大切なことだよね。

SIM+音声通話を利用するデメリット

  • 音声通話が利用できるSIMを利用する場合、通信業者を変更する差にMNPの転出が必要になります。(電話番号が変わっても良いなら不要)MNPの転出には手数料が必要です。
  • 多くの格安SIMでは、音声通話ができるSIMカードには最低利用期間が設定されていて期間内の解約の場合違約金が発生します。違約金がない場合でも手数料が割高になっています。
  • 最低利用期間が過ぎたあとの解約も手数料が必要になります。

音声通話はいらない

音声通話はほとんど使わないと言う場合にはデータ通信のみできるSIMを契約します。

小学生や中学生の場合、自分で緊急電話を掛けることはほぼ無いと思われますのでデータ通信SIMで良いと思います。

データ通信SIMの場合、多くの格安SIMの会社では契約時に手数料が必要ですが、解約時の手数料は不要です。また、ほとんどが最低利用期間が設定されていないため通信会社を変更しやすいのもメリットです。

データ通信SIMのデメリット

  • 090や080の電話番号・固定電話との通話ができない

データ通信SIMを使うならチェックしておきたいこと

データ通信SIMのデメリットは090や080の携帯電話の番号や固定電話との通話ができない。ということです。

これは非常に大きなデメリットですよね。

LINEやSkypeなどのアプリを利用する場合、通話する双方がそのアプリを利用している必要があります。他の電話には掛けることができません。

IPフォンアプリ

携帯電話や固定電話への発信、着信ができるようにIPフォンが利用できるようにしておきましょう。

IPフォンはデータ通信を行う回線の一部を利用して音声通話ができるようになっています。

マイネオの場合LalaCallがお勧めなのですが、他にもIPフォンアプリはありますので利用を検討しましょう。月々の料金も必要です。

通話品質が090や080の電話番号より悪くなるのが一般的です。

IPフォンの場合は緊急電話にかけることはできません。

050から始まる電話のこと知ってる?IP電話ってなんだろ?

一般的な携帯電話の番号って090や080から始まりますよね。 でも、たま~に050から始まる電話番号を見かけることはありませんか? 050から始まる電話番号はIP電話の電話番号です。 IP電話を使えば ...

続きを見る

SMS機能がついているかどうか

SMSとはショートメッセージサービスのことです。080や090の電話番号だけでメールアドレスなど不要で短いメッセージをやり取りできるサービスのことです。

データ通信SIMにはSMS機能がついているタイプのものがあります。

SMS機能がついていることで、実際には通話ができない仮の電話番号が振られた状態になります。

SMS機能でできること

  • ショートメッセージの送受信
  • LINEアカウントの登録に使える番号が貰える
  • バッテリーの減りを抑えることができる。

SMS機能により振られた電話番号を使ってLINEのアカウントを取ることができます。

LINEアカウント取得のためには電話番号またはFacebookアカウントが必要です。これらから新しくLINEアカウントを取得する場合に登録に利用できる電話番号があったほうが良いでしょう。

SMS機能のないSIMは電波の届いているところにいる場合でも、ずっと電波を探し続けるセルフスタンバイ・アンテナピクトという問題が生じます。ずっと探し続けるため、スマホ本体の電池の減りが早いと言われています。

データ通信SIMのデメリットをカバーができる使い方を

データ通信SIMを選んだ場合の最大のデメリットは「音声通話」ができないことです。

 

 

格安SIMのプランを選ぶ際、データ通信量は後から変更がしやすいのですが、他の変更は手数料などがかかりちょっとやっかいです。

せっかくスマホ代を安くするために格安SIMを選んだのにあとから手数料ばっかりかかっちゃう!ということでは意味がありませんよね。

緊急電話にも使える電話番号が欲しいなら 音声通話付のプランを選びましょう。

緊急電話にかけられなくても良い。ということならデータ通信SIMにIPフォンの利用がお勧めです。

 

IPフォンを利用すると050の電話番号が使えますが、この番号はLINEのアカウント登録には利用ができません。

スマホのバッテリーが早く減る。というのはとてもストレスになることです。LINEのアカウント登録をする・しないに限らずSMS機能を付けたほうが快適に利用ができるのではないかと思います。

マイネオの場合、IPフォンはLalaCall利用で月額100円です。

SMS機能はAプランの場合は申し込み不要で最初からついてきますが、Dプランの場合は120円必要になります。DプランであとからSMSを追加する場合には手数料が必要になってきますので申し込みの際には十分気を付けてくださいね。

Dプランのデータ通信SIMの場合500MBで700円 これにLalaCall100円、SMSを追加して120円です。920円もかかってしまいますので、音声通話付のSIMを検討する又はAプランを検討しても良いかもしれませんね。

りょうこ
マイネオでAプランを検討する場合、ドコモで購入をしたスマートフォンの端末は利用することができませんので端末セットを購入されることをお勧めします。

公式サイトで詳細を確認

マイネオの公式サイトはこちら

 







家族のスマホ代を安く

家族のスマホ代を安くするならマイネオ

子どものスマホ代に頭を悩ませていませんか?

子どものスマホ代もマイネオを使えば安くなります。家族で乗り換えれば更にお得に!もちろんiPhoneだって安くなります。

マイネオはサポートが充実しているから初めての格安SIMでも安心です!

フィルタリングアプリが無料で使えるLINEモバイル

LINEモバイルの「LINEフリープラン」は月々500円から利用できるデータSIMです。

子どもに持たせつスマホに必須のフィルタリングアプリが無料で使えるのも大きな魅力です。

またLINEを使っている時はデータ通信量が減りません。

子どもに手軽に安く、安心して持たせられるのはLINEモバイルです!

-格安SIMを使う

Copyright© 家族のスマホ代を安くする|マイネオならiPhoneだって安くなる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.